穴馬 予想

日曜メイン2けた人気の穴馬と今週の競馬情報

更新日:

日曜メインレースの2けた人気の穴馬を人気ブログランキング(←コチラ)へ更新。

京成杯は推奨馬9番人気ケイアイチョウサンが3着に激走!!

根岸SとシルクロードSの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬」(←PCの方)「重賞激走穴馬」(←携帯の方)でお届けしています。

日経新春杯は10番人気カポーティースターが勝利!!

有馬記念は10番人気オーシャンブルーが2着に、阪神JF15番人気クロフネサプライズが2着に激走!!

※ 下記は無料メルマガでお届けした穴馬

日経新春杯 10番人気1着 カポーティースター
有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック
アルテミスS 7番人気3着 ウインプリメーラ
菊花賞 7番人気3着 ユウキソルジャー
京都大賞典 5番人気1着 メイショウカンパク
スプリンターズS 9番人気3着 ドリームバレンチノ
新潟記念 10番人気2着 タッチミーノット
小倉2歳S 7番人気3着 ラヴァーズポイント
クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ

ツイッターにて多くの無料メルマガ読者の方から的中報告(←コチラ)を頂戴しました。ありがとうございます。

Twitter(←アカウント)では競馬情報などを呟いています。お気軽にフォロー下さい。フォローをお返ししています。

今回はTwitter(←アカウント)で呟いた競馬情報をまとめました。

無料メルマガ「重賞激走穴馬」(←PCの方)「重賞激走穴馬」(←携帯の方)でもお届けしています。

「池添、フランスで修業“オルフェーヴルで凱旋門”」…凱旋門賞は池添なら勝ってたという声もあった。期間やお手馬の確保も考えるとクラシックの騎乗は難しく、本気だと思うので、あのコンビでの凱旋門賞挑戦が実現するよう応援したい。

「ローブティサージュはチューリップ賞で始動」…阪神改装後、阪神JFの勝ち馬は、エルフィンSを挟んだウオッカを除き全てチューリップ賞で始動。今年もやはりそうなるよう。

「10年オークス同着V、サンテミリオンが引退 繁殖入り」能力を考えると、もう少し結果を出してもよかったが、牝馬は難しいと感じさせられた。

「カレンブラックヒル 復帰戦はフェブラリーS濃厚、初ダート意欲」…平田師が秋山が、ダートは走るというコメントを残しているとのことだが、これは悪魔のささやきかもしれない。

「オ
ルフェーヴル、ドバイ国際諸競走に予備登録せず」…今年は日本で走る必要はないと思う。凱旋門賞を真剣に狙うなら、エルコンドルパサー方式で欧州滞在がベ
ストではなかろうか。管理の問題やしがらみもあるだろうが、欧州にいて消耗しないようレースを選んで出走し、万全の状態で凱旋門賞へ臨んで欲しいところ。

「ジェ
ネラス死す 日本で種牡馬として活躍」…地味な記事だが、この見出しには違和感を覚える。英愛ダービー制覇、キングジョージでの7馬身差の勝利という実績
を考えると到底活躍とは言えない結果だと思う。一時欧州から鳴物入りで導入され鳴かず飛ばずの種牡馬が多かったが、日本は種牡馬の墓場だった。その代表例
はラムタラだが、昔、ニュースステーション(報道ステーションの前身)で、購入した人達と結び中継があったことが記憶に残っている。

「ジョワドヴィーヴル京都記念を視野に調整」…嬉しいニュース。ジョワドヴィーヴルとワールドエースは華というかオーラというかスターの素質というか、そういうものを感じる。能力が下がることなく復帰して欲しい。

「ローマン放牧、G1フェブラリー使わず」…復帰とは逆に回避のニュース。JCダートを勝ったニホンピロアワーズもフェブラリーSに出走しないという話であるため、フェブラリーSの出走メンバーとレベルに不安を感じる。

「トー
センラー 京都記念で復帰 鞍上は武豊」…Twitterの公式RTなどで意外に反応があった記事。ちょっとずつユタカにいい馬がまわりつつある気がする
が、気のせいだろうかとお伝えしたが、同じように感じている人もいるのかもしれない。潮目は変わりつつあり、復権の時がくるか。

「ジェン
ティルドンナ、3歳牝馬の世界トップに」…先週は2012年度ワールドサラブレッドランキングの発表があったが、時代は変わったと感じる。そして、過去の
レイテングが修正されフランケルが史上最高の数値に。凄い馬と同じ時代を生きていたのだと今更ながら思うが、オルフェーヴルが2200mで激突したらどう
だったか妄想してしまう。

ソースと記事内容はTwitter(←アカウント)のツイートのリンクからご覧ください。読みにくくなるため割愛しております。

もうひとつの無料メルマガでは、穴馬の特徴や調教考察などの情報をお届けしています。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

[PR]

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
取捨が難解な1月競馬も最強の関西馬情報で獲りました!
シンザン記念⇒相手は9人気の超伏兵!3連単2万9880円的中
京都金杯⇒相手は6人気のトライアンフマーチ!馬連2150円的中
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨年⇒公言通りに確信◎ロードカナロアから大本線で仕留めた!
【第18回 シルクロードS(GIII)⇒◎-○1点勝負】

<今年ココをステップに出世街道を駆け上がるのは他でもないアノ馬!>
昨年、ロードカナロアがココをステップに高松宮記念3着→スプリンターズS1着→香港スプリント1着と世界を股に掛けるスプリンターに出世した事で例年以
上に注目を集めている同レース。今年は、桂川S(準OP)→淀短距離S(OP)と現在2連勝中のアイラブリリ、重賞で[2][3]着した実績のあるサドン
ストームが注目を集めそうだが、傑出馬不在とあってどの陣営も色気を覗かせているのは言うまでもない。

今年当社が注目しているのは「鬼の居ぬ間にではないけど、高松宮記念に確実に出走出来るように賞金を加算したい」と前哨戦のココを目標に仕上げを施されて
いる◎。さらに「ココが試金石だろうね」と表向きには胸を借りる立場を強調しているが、「当初は使う予定はなかったけど、相手関係を見て使う事を決めたん
だ」と勝算あっての参戦である事を隠している某陣営の存在も入手済み。

栗東トレセン発!2頭で決まれば想定回収率1000%以上の馬連◎-○1点勝負は天候、馬場状態を見極めた上でレース当日14時にメールにて無料配信するのでお楽しみに!

→→想定回収率1000%以上!◎-○1点勝負馬券を無料で入手する←←

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.