穴馬 予想

府中牝馬S 出走馬考察 アパパネ アニメイトバイオ

更新日:

微妙な人気馬は人気ブログランキング(←130位くらい)へ掲載。軸は避けた方が無難。
シリウスS5番人気1着ヤマニンキングリー、ローズS10番人気2着マイネイサベル、新潟記念9番人気2着サンライズベガなど穴馬はメルマガで配信。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
アパパネ
※ 下記はヴィクトリアマイル時の考察の一部
「2歳の阪神JF時の時点で古馬G1レベルでも通用する素質をもっている可能性があるとお伝えしてきたが、全体のバランスなどからも能力の高さやスケールの大きさを感じさせた。
また、3歳秋を体型がかなり変わった印象があり、その点が前走の20キロを超える体重増にもつながったと思われ、体重増はほぼ成長分でパワーアップを果たしていたよう。
スピードとパワーに優れた馬体をしており、オークスでは鞍上が後方に位置取り決め手を生かす好騎乗をみせたため距離延長にも対応できたが、本質的には1600m近辺の距離がいい馬。
上半身よりも下半身の方に迫力がある点などは母ソルティビッドの影響が強いと思われるが、ひとつ上の世代の女王ブエナビスタが、瞬発力タイプであるのに対して、この馬はスピードの持続力やパワーなど総合力で勝負するタイプ。
そのため、ペースがある程度上がった方がいい馬で、また、瞬発力勝負にならないという点から秋華賞なども適性が高かったため本命に推した。
しかし、前走のエリザベス女王杯はレースの性質が合わず、状態面からも評価を割り引いて馬連の対象から外したが、芝2200mという距離もこの馬にとっては長かった。
前走マイラーズCも状態がいまひとつで、新馬戦やチューリップ賞、ローズSなど休み明けのレースではいずれも敗れている点からも割引が必要であった。」
アニメイトバイオ
※ 下記はエプソムC時の考察の一部
「エリザベス女王杯ではレース後、鼻出血が発覚しており、前走ヴィクトリアマイルは悪い仕上がりではなく、パドックでもさして太めがあるようにはみえなかったが、やはりプラス24キロの影響があったと思われる。
ゼンノロブロイ産駒であるが、母の父フレンチデピュティの影響が強いと思われる。
距離にはやや限界があり、1600mから2000m辺りが守備範囲になる。
後方からのレースとなるためペースに影響される部分があり、秋華賞では状態がいまひとつであったが好走の要因はペースが上がった点にある。
問題はこのレースが比較的タフな条件となり、ベストとまではいかない。
展開次第では脚を余す可能性があるため、軸は避けた方が無難。」
ホエールキャプチャ、アヴェンチュラ、エリンコート、マイネイサベルなど、秋華賞出走馬の考察はもうひとつのメルマガでお届けします。
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.