穴馬 予想

小倉2歳S 予想 穴馬の傾向は?

更新日:

クイーンSは10番人気ラブフールが2着に、函館記念8番人気イケトップガンが2着に激走!!

重賞レースの穴馬は無料メルマガで、レース当日午前9時までにお届けいたします。

※ 下記は無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬。

クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
ユニコーンS 8番人気3着 タイセイシュバリエ
日本ダービー 6番人気2着フェノーメノ
目黒記念 6番人気3着 コスモロビン
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー 8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ

[小倉2歳S 穴馬好走要因]

2011
年12番人気3着ハギノコメント:前走のデビュー戦でダートを勝ち上がったため人気はなかったが、父ファルブラヴ、母の父サンデーサイレンスという血統で
芝も問題なく、やや重で行われて時計のかかる馬場状態、そして後方からレースをしたが前半600m33秒4とペースが上がった事が追い風になった。

2008年8番人気2着コウエイハート:前半600m33秒2、後半35秒9と決して遅いペースではなかったが、逃げ先行馬が上位を占める形に。外がそれほど伸びる馬場ではなく、内をロスなく突いたことが好走の要因。

2007年6番人気2着ミリオンウェーブ:前走のデビュー戦では前半600m33秒8のペースで逃げ、11.5-12.0-12.3という尻上がりに速くなる上がりで、まずまず厳しいレースを勝利していた。

2004
年6番人気2着ケイアイフウジン:前走デビュー戦がダート戦であったため芝が懸念されたようだが、父アフリート、母の父ヌレイエフ系という血統から芝も問
題なかった。上位はいずれも4コーナー4番手以内の馬が占めたが、前半600m33秒4、後半34秒8とそれほど厳しいレースにならなかったことも追い風
に。

2002年10番人気1着メイプルハート:3戦目の勝ち上がりでさして注目されていなかったが、前走は斤量が3キロ軽い2着馬に0秒
4差をつけ、3着にはさらに0秒8差をつけるパフォーマンスをみせており、人気の盲点となっていた。前半600m33秒3とまずまず速い流れとなり、人気
の先行馬は崩れる結果に。

2002年8番人気3着ダイキチムスメ:前走未勝利を脱出した際、2着に0秒5差をつけて勝利していたが、斤量が他の馬より3キロ軽くその点から侮られていた。後方からレースをすすめたが、前半600m33秒3とペースが上がったことが追い風になった。

もうひとつの無料メルマガの次回配信ではセントウルS、京成杯AHの情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.