穴馬 予想

富士S出走馬考察と菊花賞の危険な人気馬は?

更新日:

先週は久々に人気ブログランキング(←70位くらい)で危険な人気馬をお届けし、4番人気マイネイサベルが15着という結果。
人気ブログランキング(←70位くらい)…くる可能性はあるが、人気に見合わないため軸は避けた方が無難。回収率は上がらずアタマを避けた方がいい。
出走馬の考察と人気薄の調教推奨馬は無料メルマガでお届けしています。
「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)
ストロングリターン
※ 下記は安田記念時の考察の一部
「胴長で手脚が長い点や全体のフォルムなどをみると共同通信杯を勝ちNHKマイルCでも人気になったブレイクランアウトとよく似ている。
そのため、ブレイクランアウトの父スマートストライクの影響が強く出ているものと思われる。
いずれはG1にも手が届くだけのものを持っていることは間違いなく、それが今回である可能性も充分ある。
1枠1番と最内に入っており、オープンでのキャリアが乏しい点からも上手くさばけるかという部分が問題となる。」
ゴールスキー
※ 下記はマイラーズC時の考察の一部
「現状の層が薄い短距離路線であれば、こと素質という点だけをみるとこの馬が最上位にあると言って過言ではない。
父系のサンデーの影響が強いと思われ、キレ味勝負に向くタイプ。
潜在的なスタミナが要求されるような条件はあまり向かない。
そういった点やある程度前目の位置で競馬が出来る点から、ペースが緩んだ方が好走の可能性が増すと思われる。」
レインボーペガサス
※ 下記は京成杯AH時の考察の一部
「かなり体が柔らかくその点は父アグネスタキオン産駒のいいところが出ていた。
3歳のころから素質の高さを窺わせたが、ダービーなどではアバラが浮き出て体調がそれほどよくなかったことなどから結果を残すことが出来なかった。
前走の関屋記念で久しぶりに馬体を見たが、ここにきて素質馬が軌道にのってきたと感じ、本命に推して1着固定とした。
今回は悪い仕上がりではないものの、絶好調という感じには見受けられず斤量も57.5とトップハンデを背負う。
スムーズに先行出来れば結果を残すことも出来るが、オッズには見合わないと感じる。」
穴馬はもうひとつの無料メルマガでお届けします。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
シリウスS5番人気1着ヤマニンキングリー、ローズS10番人気2着マイネイサベル、新潟記念9番人気2着サンライズベガなどが激走しまずまず好調。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.