競馬 予想

宝塚記念 穴馬は? レッドディザイア(回避) 考察

更新日:

ダービーと安田記念の一週前追い切り推奨馬はエイシンフラッシュが優勝、スーパーホーネットが2着
宝塚記念一週前追い切りで最も調教の動きがよかった馬はランキングで↓
人気ブログランキングへ
順位は左サイドバーでご確認ください。
カープは昨日大竹が打たれて、今日は早くもスタルツが炎上したよう。
打線が当たっているから、4点差なら何とかなるかもしれないが、中継ぎだけでなくローテーションの確立も容易ではない。
しかし、永川、栗原、横山、シュルツと、高年棒ランキング上位の選手がこれだけいないのであれば、よくやっている方か。
黒田が帰ってくる日を一日千秋の思いで待つばかり。。。。
おかげさまで読者の方が1300人を突破。
CBC賞は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯も登録可能)で推奨した穴馬7番人気ダッシャーゴーゴーが2着に激走!!
下記のような考察とともに穴馬をお届けしています。
PCの方はコチラ(←クリック)
レッドディザイアは、前走ヴィクトリアマイルで外枠が大きな不利となり、結果は参考外として扱うことが出来た。
レースの適性はブエナビスタよりも上で、調教の内容次第では本命にするつもりだったが、残念ながら鼻出血で回避とのこと。
※ 下記はヴィクトリアマイル時の考察
「2008年のこのレースでウオッカが人気を裏切って敗れたが、海外帰りでアバラが浮き、状態が下降していたため。
今回この馬とブエナビスタに関してもドバイから帰国してのレースとなるが、毛ヅヤや調教の動きなどをみても問題なく、ブエナビスタよりも状態はいいと感じる。
パワーがあり持続していい脚を使える馬で、距離は1600mから2000mまでがベストで、スローの瞬発力勝負よりも持続力が要求されるある程度ペースが流れるレースの方が合う。
ただ、以前よりも馬体をすっきりみせるようになっており、体型が変わってきた。
かつてダイワメジャーもパワータイプの馬であったが、古馬になり父サンデーサイレンスの影響が強くなったためか、瞬発力の面で進境があり、本格化となった。
この馬も父系の影響が出てきたためか、以前よりも馬体がシャープになり、キレ味勝負にも対応出来るようになってきたと思われ、それがドバイでの後方一気で勝利というレースに表れたと思われる。
問題は8枠17番に入った点で、昨年も外枠の人気馬が沈黙という結果に終わったが、大きなマイナス材料となる可能性がある。」
出走馬の情報、穴馬の傾向、レース回顧は 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方はコチラ)でお届けしています。
PCの方はコチラ(←クリック)
ツイッター(←コチラ)では競馬関係を中心につぶやき中。
ランキングの順位が上がっていたら、宝塚記念の考察をさらに追加していきます。
クリックのご協力よろしくお願いいたします!!

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.