競馬 予想

安田記念 間もなく穴馬配信 前哨戦のポイント

投稿日:

オークスは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホの方) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケーの方)で推奨した穴馬10番人気ジェラシーが惜しくも4着という結果。
後ほど安田記念の穴馬をお届けします。
福島牝馬ステークスは推奨穴馬14番人気マコトブリジャールが勝利。チューリップ賞10番人気3着ラベンダーヴァレイなど激走!!
Twitter(←フォローお返ししています。)にて読者の方からの的中報告(←こちら)を頂戴しています。
○ 京王杯SC
近年のレースの時計、前半後半800mの時計、ラップをみると、前半800mは45秒台から46秒台前半で推移することが多く、レース時計は1分20秒台が水準レベル。
2016年 サトノアラジン 1.19.6  前半46.1 後半45.0
2015年 サクラゴスペル 1.21.6  前半47.9 後半45.6
2014年 レッドスパーダ 1.19.7  前半44.7 後半46.0
2013年 ダイワマッジョーレ 1.20.6  前半45.7 後半46.7
2012年 サダムパテック 1.20.1  前半45.9 後半45.9
2011年 ストロングリターン 1.20.2  前半46.4 後半45.2
前半800m46秒1は水準か、時計の速い馬場を考えると、やや遅いくらいの流れであった。
勝ったサトノアラジンは距離短縮が微妙も、調教で動いており、たたき2戦目で状態を上げていたよう。
3着ロサギガンティアは差しが利く馬場が追い風になったが、休み明けもありレースをつかわれていた上位2頭に敗れる結果に。
レースレベルは例年と水準かやや高かったか。
○ マイラーズカップ
前半46秒2、後半46秒4というペースで流れ、レース時計は1分32秒6という時計で決着。
後半の方が時計はかかっており、ペースが流れているにも関わらず、水準の時計で決着しており、特別時計の速い馬場ではなかった。
フィエロは直線で外をまわして4着まできており、状態の上積みの余地があったため、次走以降も好走の可能性があると感じる。
○ ダービー卿CT
土曜の中山のレースの結果をみると、前有利というわけではなく、時計が出る馬場でもなかったため、極端なペースとならない限り、脚質的に有利不利はさしてないと考えていい。
日曜のレース時計を見ても特別速い時計は出ていなかった。
過去のレース時計、前半800m後半800mの時計を比較すると下記のよう。
2016年 マジックタイム 1.32.8  前半46.9 後半45.9
2015年 モーリス 1.32.2  前半46.7 後半45.5
2014年 カレンブラックヒル 1.34.6  前半46.1 後半48.5
2013年 トウケイヘイロー 1.32.6  前半45.5 後半46.8
2012年 ガルボ 1.33.5  前半47.4 後半46.1
今年は前半800mよりも後半800mの方が1秒速い時計で決着しており、それほどタフな流れではなかった。
58キロを背負っていたロゴタイプが2着と好走したが、展開の恩恵は少なからずあった。
3着サトノアラジンはプラス10キロと体重が増えていたが、やはり幾分休み明けの影響はあったか。
中山の適性で劣り、それほどペースが流れなかったこともあって伸び切れない結果となったが、どちらの影響が大きかったかは微妙。
ただ、上がりが2位という脚を考えると、やはり状態面でまだ本物と考えるべき。
2けた人気の穴馬の好走要因、危険な人気馬の特徴、G1レース調教考察などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.