穴馬 予想

天皇賞(秋)1番人気はあの馬?&穴馬リベンジ!!

更新日:

下記は私が作成した無料レポートです。
「1000万馬券の法則!! 超高配当レースの共通点」(←クリック)
3連単1000万馬券3本を含む、過去の高配当5位までに目をとおし、その結果に共通する項目をあぶり出した。
超高配当レースが出るレースはどういったレースなのか?
そして人気薄で激走していた馬は?
「1000万馬券の法則!! 超高配当レースの共通点」(←クリック)

今回1番人気が予想されるのが、ウオッカ。

※ 下記は有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)でお届けした安田記念時の考察

「前走パドックではもちなおしていたものの、馬体写真はアバラが浮き出て、状態は本調子ではなった。
その時に比べて、皮膚の質感がよくなり、全身に張りが出てきた。
潜在能力の面では、外国馬を除けばこの馬が最も高いと感じる。
問題は内枠に入り、跳びも大きいため、雨がどうかという点。そして潜在的なスタミナや持続力が求められ、牝馬があまり結果を残していない点。
ただ、前者はともかく、状態と能力を考えればこの馬が最も有力と考え、本命に推す。」

※ 下記は有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)でお届けした毎日王冠時の考察

「チューリップ賞やJC、安田記念などをみても、ロベルト系ということもあってひとたたきされ真価を発揮するタイプ。
今回、最高の状態に近かった安田記念に比べて、張りが乏しく、アバラが浮き出ていたヴィクトリアマイルほどではない。
調教も含めて状態はまずまずといったところで、前日最終オッズ単勝1.6倍は人気のしすぎと感じる。
しかしこの条件はベストに近く、ある程度前目のポジションにつければ、大きく崩れる可能性は低いと感じる。
恐いのはペースが落ちつき、開幕週の高速馬場を生かす競馬をする先行馬。」

前走はまだ本調子になかったようだが、一週前追いきりをみると状態も上昇しているよう。

「天皇賞(秋)一週前追いきり」

ウオッカ        A- 派手さはないが、前走よりもう動きに柔らかさがあるように感じる。

携帯サイトではその他の馬の考察や調教情報など、天皇賞(秋)の情報をお届けしています↓
携帯サイト「馬体診断&重賞データ」

無料メルマガ「G1レース 専門情報」(←クリック)では菊花賞2番人気のマイネルチャールズに、距離がネックで馬連の対象から外したいと警鐘を鳴らした。
有料メルマガでも秋華賞1番人気のトールポピーを馬連の対象から外したが、今週も危険な人気馬がいればお届けしたい。

そして無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)では今週の天皇賞(秋)も穴馬をお届けする予定。リベンジしたい。
4週連続で穴馬が激走していたが、先週で途切れてしまった。

デイリー杯2歳S 8番人気3着キングスレガリア
京都大賞典 6番人気2着アドマイヤモナーク
オールカマー 8番人気3着トウショウシロッコ
ローズS 9番人機2着ムードインディゴ

今週は可能なかぎり馬体からの考察もお届けしたい。
無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)は、昨年の天皇賞(秋)◎△△で馬連4970円6点で的中!!
エリザベス女王杯 ▲◎○馬連と3連単、マイルCSも○△△馬連的中!!

下記は私がつくったレポートです。
「連対率30%以上回収率100%以上の騎手&種牡馬の組み合わせ」
特定の条件において好成績の騎手が、その条件で実績のある種牡馬の産駒に騎乗すれば、信頼度は高い。

中央競馬連対率30%以上で、単勝回収率か複勝回収率が100%を超える騎手と種牡馬、もしくは単勝回収率が300%を超える種牡馬をまとめた。
[サンプル]

※  連=連対率   単=単勝回収率   複=複勝回収率

福島芝1800m
後藤浩輝       6-6-4-20   連33.3%  単210% 複136%
ジェニュイン     3-2-1-7    連38.5%  単151%  複103%

福島芝2000m
中館英二      17-9-8-51   連30.6%  単129%
後藤浩輝       7-3-1-17   連35.7%  単123%
エルコンドルパサー 2-5-0-16  連30.4%  単203%  複110%
ペンタイア      4-1-2-10   単354%
「連対率30%以上回収率100%以上の騎手&種牡馬の組み合わせ」(←クリック)

「競馬予想 馬体診断&競馬、重賞データで予想」←トップページへはこちらから

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2022 All Rights Reserved.