穴馬 予想

北九州記念 穴馬は? ダッシャーゴーゴー 考察

更新日:

当ブログでは相互リンクして頂けるサイトを募集中です。詳しくはコチラ(←クリック)をご覧ください。
クイーンSの状態がいい馬はランキングで。
今回毛ヅヤや馬体の張りなどは良好で、力を出せる状態にある。
人気ブログランキング(←コチラ)
携帯の方もOKです。順位は80位くらいです。
PCの方は順位は左サイドバーでご確認ください。
FC2 Blog Ranking(←コチラ)も宜しくお願いいたします。
ダッシャーゴーゴーは、前走CBC賞では無料メルマガで穴馬として狙ったが2着に好走。
この馬も調教の動きがよかったが、それを維持しているかどうかがポイント。
※ 下記はCBC賞時の考察
「丸みを帯びた身体のラインや前後肢のボリュームなどはマルカフェニックスに似ており、ともに母の父がミスワキであるがその影響が強いよう。
馬体のボリュームや肩の角度をみると、やはり距離は1200mから1400mがベストで、骨量があるため胴の短さなどから先行する競馬が合う。
平坦、坂のあるコースを問わずスピードで押し切ることが出来るレースで強い。
朝日杯FS時に、「短距離馬でしっかりしたボリュームがありながら馬体に窮屈な部分や重苦しい部分もないため、今後重賞でもある程度結果を残すことが出来るレベルにある」とお伝えしたがまだ結果は出ていない。
ただ、前々走のファルコンS(下部参照)は、優秀な内容で馬券に絡んだ馬と同等の評価が必要。
今回馬体写真はないものの調教の動きは抜群によく、[重賞データ]で詳細に解説したが、先行有利の馬場状態であれば一発があっても驚けない。
現在9番人気と人気はないものの積極的に狙ってみたい1頭。」
クイーンSと北九州記念の穴馬は、上記のような考察とともに「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。
PCの方はコチラ(←クリック)
おかげさまで読者の方が1400名を超えました。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2022 All Rights Reserved.