穴馬 予想

函館記念 予想 穴馬の特徴は?

更新日:

安田記念は推奨穴馬12番人気ダノンシャークが3着に激走!!

NHKマイルカップは独自配信の無料メルマガ(←コチラ)推奨穴馬8番人気フラムドグロワールが3着に激走!!

京都新聞杯は「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で推奨した穴馬9番人気ペプチドアマゾンが2着、11番人気ジャイアントリープが3着に。

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しました。

[函館記念 穴馬好走要因]

2012年8番人気2着イケトップガン:前年のこのレースでマヤノトップガン産駒が1、2着にきているが、この馬もトップガン産駒。上位を内枠の馬が占める結果になり52キロとともに枠の恩恵もあった。

2011年12番人気2着マヤノライジン:前半1000m46秒9と決して遅い流れではなかったが、そこから12秒8のラップを刻み、やや落ち着いた流れに。53キロを味方につけ、2枠3番から先行して残る形に。

2007年7番人気1着エリモハリアー:言わずと知れたこのレースの顔とも呼べる存在。前走巴賞は約10カ月振りのレースで、レースをつかわれた上積みもあった。

2005
年6番人気1着エリモハリアー:前走巴賞を勝利しているがそこでも評価が低く、不良馬場で行われており、フロック視された部分があったが相手強化もあり人
気薄。ただ、前走で10キロ増えていた体重が今回は10キロ減り、斤量も56キロから55キロになって条件も有利に。

2004年9番人気3着ワイルドスナイパー:前走1000万条件ながら、2着に0秒3差をつける完勝をみせ、斤量も57キロから53キロに減っていた。開催末期で馬場が悪化したことにより、より持ち味が生きたよう。

2003年11番人気2着ヒマラヤンブルー:逃げるレースをしたが前半1000m60秒に対して後半1000mが59秒9とゆったりとした上がりの速い流れで推移。54キロも有利で好走の材料が揃っており、2けた人気であったが決してフロックではなかった。

2002年8番人気3着トーワトレジャー:前走1000万条件を勝ったばかりであったが、50キロで出走。時計のかかる馬場ではあったが、1000m61秒6とペースが落ち着き、早めのスパートも結果を残した要因のひとつ。

2001年9番人気1着ロードプラチナム:前走巴賞は道中でポジションを下げており、アクシデントがあったよう。休み明け2走目で上積みも。

2001年9番人気3着アクティヴバイオ:その後、東京と中山の芝2500mの重賞を勝つなど、スタミナに定評のある個性的な馬。前走、前々走はともに1800mで距離不足。くわえて52キロが好走の要因。

重賞レースの穴馬は上記のような考察とともに「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

※ 下記はお届けした穴馬

安田記念 12番人気3着 ダノンシャーク
NHKマイルカップ 8番人気3着 フラムドグロワール
京都新聞杯 11番人気3着 ジャイアントリープ
京都新聞杯 9番人気2着 ペプチドアマゾン
青葉賞 7番人気2着 ヒラボクディープ
弥生賞 10番人気2着 ミヤジタイガ
クイーンカップ 8番人気3着 ジーニマジック
日経新春杯 10番人気1着 カポーティースター
有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック

重賞レースの穴馬の傾向と調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)で配信しています。

競馬ブログランキング

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.