穴馬 予想

先週の重賞レース回顧

更新日:

土曜日のニュージーランドトロフィーは無料メルマガ (←コチラ)でお届けした穴馬7番人気レトが馬券に絡んでくれた。
また、いい穴馬がいればお届けします。
○ ニュージーランドトロフィー サンライズプリンス 1.32.9
中山芝1600mはコースの形態上外枠が不利で、過去10年の結果をみても7枠8枠の馬は人気を裏切る馬も多い。
2008 1番人気12着 ゴスホークケン 7枠13番
2007 1番人気4着 スズカコーズウェイ 7枠13番
2007 3番人気9着 マイネルレーニア 8枠15番
2006 3番人気8着 ドラゴンウェルズ 8枠12番
2004 4番人気8着 コンドルクエスト 8枠15番
2004 2番人気15着 ホリーゴースト 7枠13番
2003 3番人気3着 サクラタイリン 7枠13番
2002 2番人気12着 エストレーノ 8枠14番
このレースにおいても8枠15番に入った4番人気コスモセンサーが7着と人気を裏切った。
また、このレースではスピードの持続力が求められるため、前走あるいは前々走などで速い上がりをつかって結果を残していたような馬は人気を裏切るケースがある。
しかし、コスモセンサーと同じ8枠に入りレースの適性で劣るサンライズプリンスは出遅れながらも快勝。
例年前半800mの時計が46秒近辺で推移するため、前目の位置で競馬をして今年は46秒8とペースが落ち着いたことも追い風となったが、次走以降も有望。
○ 阪神牝馬S アイアムカミノマゴ 1.20.2
レース条件が阪神芝1400mに変更後のレース時計、前半800m後半800mのタイムをみると下記のよう。
2010年 アイアムカミノマゴ 1.20.2
前半45.5 後半46.5
2009年 ジョリーダンス 1.21.4
前半46.8 後半46.3
2008年 エイジアンウインズ 1.21.4
前半47.2 後半4F:46.0
2007年 ジョリーダンス 1.20.7
前半45.5 後半46.6
2006年 ラインクラフト 1.21.2
前半45.0 後半47.4
前半800mの時計をみるとペースが上がった部類に入り、逃げて5着に踏みとどまったショウナンラノビア辺りは評価が必要。
1番人気ラドラーダの敗因は不明だが、少し調教が緩かった点も影響しているかもしれない。
2番人気で9着に敗れたワンカラットは4コーナー17番手と後手を踏んだ印象。
3番人気ヒカルアラマサンスも13着と人気を裏切ったが、直線の長いコースの方が決め手を発揮できる馬。
○ 桜花賞 アパパネ 1.33.3
阪神改装後のレース時計、前半800m後半800mの時計などを比較すると下記のよう。
2010年 アパパネ 1.33.3
前半47.5 後半45.8
2009年 ブエナビスタ 1.34.0
前半46.9 後半47.1
2008年 レジネッタ 1.34.4
前半46.4 後半48.0
2007年 ダイワスカーレット 1.33.7
前半47.8 後半45.9
2007年と同じようなタイムで、1着ダイワスカーレット、2着ウオッカが出したレース時計よりも速い。
前日の阪神牝馬Sの時計が速かった点や、掲示板にのった5頭のうち4頭が4コーナーで4番手以内の馬という点などから、先行有利の高速馬場であったためと思われる。
その中で4コーナー8番手とやや後方に位置取って4着にきたショウリュウムーンは直線で複数の不利がありながら脚を余しての結果で、強い競馬であったといえる。
この馬を本命に推しただけに残念な結果となった。
いつもランキング (←分かりづらくてすいません)のクリックありがとうございます。
読者の人が増えたら、データや穴馬などより情報を還元していきますので、よろしくお願いいたします。
コメントなどがあればツイッター (←コチラ)へどうぞ。
見落とし以外はフォローをお返してます(^~^)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.