穴馬 予想

人気薄の注目馬と重賞回顧

更新日:

人気ブログランキング
セントウルS、京成杯AH出走馬の考察などはもうひとつの無料メルマガでお届けしています。
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)
今回は先週の重賞レース回顧をお届けしたい。
新潟2歳Sはレース時計をみると例年1分34秒台で決着しているが、1分33秒8となかなか速く、2着馬が3着馬に5馬身差をつけていたが、上がりの時計も優秀。
モンストールはコース変わりがあっても問題ないと感じるが、ジャスタウェイはマイナスとなる可能性がある。
また、上位2頭は調教推奨馬で決着していたが、状態の推移にも注意が必要となる。
先ほどの考察でも触れたように、ダローネガなどはこの条件が合わないため、次走以降で巻き返す可能性がある。
最後に暮れの2歳G1に結びつくかという点であるが、微妙な部分があるように感じる。
次に小倉2歳Sであるが、レース時計は1分8秒8と例年と同じ位の水準で決着しているが、新潟2歳Sと小倉2歳Sのレース内容には甲乙つけ難いものがある。
有料メルマガの配信でも触れたように勝ち馬エピセアロームは能力が高く、次走以降も注目してみたい。
また、2着マコトリヴァーサルは距離延長にも対応出来ると感じる。
3番人気で8着に敗れたアイラブリリは馬場による傾向の変化と、プラス12キロが堪えた可能性があり、次走以降巻き返しの可能性がある。
今回本命に推したヴェアデイロスはコース変わりで有望であるが、完成度が高いため旬の時期は短いかもしれない。
今週から、いよいよ秋競馬が始まるが、無料メルマガで面白い穴馬や、有料メルマガでお届けしている考察や情報を一部お届けしていきたい。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
まぐまぐでお届けしており、バックナンバーを公開しているため、ねつ造はありません。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2022 All Rights Reserved.