穴馬 予想

京都記念 展望と考察

更新日:

1日1回のクリック協力をお願い出来れば幸いです。

にほんブログ村 トラコミュ 重賞・メインの予想へ
重賞・メインの予想

先週はきさらぎ賞8番人気リキサンマックスが2着に、東京新聞杯7番人気キングストリートが2着に激走!!
今週の穴馬はまもなく配信。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
触れるのが遅くなったが、先日ブログのデザインをリニューアル。少しずつマイナーチェンジをしていきたい。
内容が堅すぎるのもどうかと思ったため、メルマガではレースの情報を、ブログでは競馬関係を中心にコラムや雑記も書いていく予定。
軽い迷走につながる可能性もあると思うが、おヒマな方はお付き合い頂ければ。
2月も中旬に入って来週は早くも今年最初のG1レースとなるフェブラリーSが行われるが、京都記念に出走予定のダノンシャンティはフェブラリーSへ行っても面白かったのではないかと思う。
京都記念には、強いと思うが菊花賞馬というイメージがいまひとつ薄いオウケンブルースリ、エリザベス女王杯2着のメイショウベルーガといった古豪に4歳馬が挑むという構図となりそう。
NHKマイルカップを制したダノンシャンティ、有馬記念3着トゥザグローリー、重賞で好走が続くヒルノダムール、そして勝利した菊花賞以来となるビッグウィークも出走するため、一昔前の宝塚記念くらいのメンバーが揃った。
近年の勝ち馬をみるとブエナビスタ、アサクサキングス、アドマイヤオーラ、アドマイヤムーンといったG1馬や実力馬ばかり。
まぎれの乏しい条件ということもありあまり荒れそうにないレースであるが、過去の結果をみると3着には人気薄の馬が入っているため、穴馬はヒモや3着固定を中心に狙うことが有効かもしれない。
先週はきさらぎ賞8番人気リキサンマックスが2着に、東京新聞杯7番人気キングストリートが2着に激走しており、今週もいい穴馬をお届け出来れば。
また、オッズに見合わないような馬がいれば、週末にでもランキングへ更新する予定。
京都記念の状態のいい馬(馬名)と軸は避けたい人気馬(馬番)は人気ブログランキング(←現在56位くらい)へ更新。
東京新聞杯は3番人気シルポートが危険な人気馬に。状態のいい馬スマイルジャックが勝利。
共同通信杯の状態のいい馬はFC2 Blog Ranking(←現在64位くらい)
ご質問等はアメンバー限定記事のコメントへお願いします。
血統や騎手などの情報も更新しています。
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはJRANK 競馬BLOG (←現在26位くらい)で。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.