競馬 予想

京都記念 予想 ゲシュタルト ダークシャドウ 考察

更新日:

先週の東京新聞杯は推奨穴馬8番人気ガルボが勝利!!

重賞レースの穴馬は無料メルマガでお届けしています。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ
日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

ゲシュタルトは今回と同じ京都芝2200mで行われる京都新聞杯を勝利している。

レースをつかわれているアドヴァンテージと56キロを生かせば好走の可能性も。

※ 下記はAJC杯時の考察の一部

「ダービーでは4着と好走したが、この馬より上の順位のエイシンフラッシュ、ローズキングダム、ヴィクトワールピサの3頭がいずれもG1馬であることを考えると、必然的に高い評価が必要となる。

このレースと同じ中山芝2200mという条件で行われるセントライト記念で敗れているが、想定外の速いペースとなり、やや馬体が立派過ぎた点や出来が戻りきっていなかったことも影響したよう。

昨年のオールカマーも今回と同じ条件で行われており、毛ヅヤが悪く状態はいまひとつであったが、2着と好走している。

能力の高さもあるが、ペースが合った可能性もある。

調教は動くタイプのため、あまりあてにならない部分があるが、馬体の張りがよく能力も高いため評価が必要。」

ダークシャドウは天皇賞(秋)以来のレース。

休み明けとともに、ダンスインザダーク産駒ながら2200m以上の距離で実績がないため、距離延長への対応が鍵。

※ 下記は天皇賞(秋)時の考察の一部

「前走の毎日王冠では瞬発力にも非凡なものがある点をみせた。

状態面に関しても休み明けであった前走毎日王冠と比較するとボリュームや張りが増しており、確実に上昇している。

問題は相手と言うことになるが、今回のメンバーの中ではこの馬よりも高い素質を感じさせる馬がいるのは確か。

ただ、能力的な面以上に他の馬が休み明けであったり、レースの適性や枠など何らかの不安を抱えているが、この馬にはそういった不安があまりない。

唯一怖いのは前走のように後手を踏んでペースが落ち着くことであるが、先行する競馬さえ出来れば崩れる可能性が最も低いと感じる。」

ツイッター(←クリック)でも情報をお届けしています。

フォローをお返ししていますので、よろしくお願いいたします。

共同通信杯とクイーンCの穴馬の特徴はもうひとつの無料メルマガでお届けしました。

バックナンバーでご覧下さい。

こちら(←PCの方)か、こちら(←携帯の方)でご覧下さい。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.