競馬 予想

京王杯SC 予想 穴馬の特徴は?

更新日:

青葉賞Sは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬10番人気ショウナンラグーンが勝利。

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しました。

[京王杯SC 穴馬好走要因]

2012年13番人気3着インプレスウイナー:有料メルマガにて穴馬推奨。調教の内容がよく、状態が上向いていたよう。前半800m45秒9とまずまずペースが上がり、決め手が生きる流れが追い風に。東京で3勝しており、前走1600万条件で勝利していたが、う内容のあるレースであった。

2012年11番人気2着レオプライム:前年は1000万条件でくすぶっていたが、復帰後連勝。休み明けや高松宮記念で結果を残していた人気馬が崩れたことも追い風となり、波乱の結果となった。

2010年10番人気1着サンクスノート:前半800m45秒9とそれほどペースが落ち着いていないが、前残りのレースとなり、2番手追走のこの馬が勝ち逃げ馬が3着に入る結果。人気のサンカルロ、タケミカヅチは脚を余す結果に。

2010年6番人気2着マルカフェニックス:有料メルマガで穴馬推奨。1400mの方がいい馬で、休み明けをつかわれて体重がマイナス12キロ減り、絞れていたことが最大の好走要因。

2007年9番人気2着シンボリエスケープ:前走谷川岳Sで敗れているが休み明けで、休養前も尾張Sで0秒2差、スワンSで0秒4差と善戦しており、着順が悪く結果が出ていないため人気が落ちていた。

2003年8番人気3着タイキトレジャー:東京芝1400mはほぼベストの条件。前走で長期休養明けのレースを叩かれた上積みも大きかった。

2002年11番人気1着ゴッドオブチャンス:前半800m45秒2とさしてペースは緩んでいなかったが、逃げるレースをして2着に0秒2差をつける完勝。勝ち時計は1分20秒3秒とそれほど緩んでおらずフロックではないが、人気馬が斤量や距離不足、状態面などに問題があったことが追い風に。

重賞レースの穴馬は考察とともに無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

※ 下記はお届けした穴馬。昨年下半期はほぼ休刊させて頂いておりました。

青葉賞 10番人気1着 ショウナンラグーン
大阪杯 6番人気2着 トウカイパラダイス
中山牝馬 10番人気2着 ケイアイエレガント
東海S 8番人気3着 マイネルバイカ
ローズS 10番人気3着 ウリウリ
中京記念 13番人気2着 ミッキードリーム
函館2歳S 9番人気2着 プラチナティアラ
安田記念 12番人気3着 ダノンシャーク
NHKマイルカップ 8番人気3着 フラムドグロワール
京都新聞杯 11番人気3着 ジャイアントリープ
京都新聞杯 9番人気2着 ペプチドアマゾン
青葉賞 7番人気2着 ヒラボクディープ
弥生賞 10番人気2着 ミヤジタイガ
クイーンカップ 8番人気3着 ジーニマジック
日経新春杯 10番人気1着 カポーティースター
有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック

重賞レース穴馬の傾向とG1レース調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)で配信しています。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.