ローズステークス

ローズS 2017 傾向と穴馬の特徴

更新日:

ローズステークス セントライト記念 2017 調教推奨馬

ローズステークス、セントライト記念の人気薄調教推奨馬を競馬ブログランキング(←現在90位くらい)の紹介文へ更新。

※ ランキングの順位の確認方法が分からない場合はこちら(←クリック)をご覧ください。

 

セントウルSは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))推奨穴馬6番人気来週が2着に。札幌2歳Sは7番人気ダブルシャープが3着、キーンランドカップ12番人気1着エポワスに続いて3週連続穴馬が馬券に。

セントウルS 6番人気2着 ラインミーティア
札幌2歳S 7番人気3着 ダブルシャープ
キーンランドカップ 12番人気1着 エポワス
エルムS 8番人気3着 ドリームキラリ
小倉記念 6番人気3着 フェルメッツァ
アイビスSD 8番人気1着 ラインミーティア
函館記念 14番人気2着 タマモベストプレイ
プロキオンS 6番人気3着 ブライトライン
ラジオNIKKEI賞 8番人気2着 ウインガナドル
函館スプリントS 7番人気3着 エポワス
エプソムカップ 6番人気3着 マイネルハニー
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

※ 上記は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けした穴馬

LINEでも穴馬予想をお届けしていきます。

 

読者の方からTwitter的中報告(←こちら)を頂きました。

ローズステークス 傾向

※ データは阪神芝1800mで行われた過去10レースを対象に編集しています。

過去のレースを見るとアパパネは人気を裏切っているが、ジェンティルドンナ、ダイワスカーレット、ホエールキャプチャといった実力馬が勝利している。

ブエナビスタ不在であったが、レッドディザイアも厳しいペースとなりながら2着を確保している。

まぎれのない条件で行われるため、オークス以来となる休み明けの実績馬もきており、夏にレースをつかわれていた馬をリードしている。

休み明けで馬体重が大幅に増えている馬は人気を裏切るケースが多い。

2016 2番人気11着 ジュエラー プラス10キロ

2016 5番人気7着 アドマイヤリード プラス8キロ

2015 3番人気4着 レッツゴードンキ プラス14キロ

2015 4番人気6着 アンドリエッテ プラス12キロ

2014 1番人気6着 レッドリヴェール プラス10キロ

2013 3番人気13着 エバーブロッサム プラス12キロ

2013 4番人気4着 メイショウマンボ プラス8キロ

2013 5番人気6着 ローヴティサージュ プラス8キロ

2012 4番人気5着 トーセンベニザクラ プラス10キロ

2011 2番人気6着 マルセリーナ プラス16キロ

2011 3番人気10着 エリンコート プラス14キロ

2011 5番人気5着 ドナウブルー プラス20キロ

2010年 1番人気4着 アパパネ プラス24キロ

2010年 2番人気7着 アグネスワルツ プラス12キロ

2010年 5番人気3着 エーシンリターンズ プラス12キロ

2008年 2番人気6着 トールポピー プラス14キロ

2008年 5番人気4着 オディール プラス10キロ

2007年 4番人気4着 ピンクカメオ プラス8キロ

2016年の連対馬2頭も体重が増えていたが、シンハライトは余裕残しはなく、やはり馬体をチェックしたい。

牝馬は仕上げに難しい部分があり、長い不調に入るような馬もいる。

人気薄で馬券に絡んだ馬をみても、状態面を最優先に考えた方がいい。

連対馬の前走のレースと前走での結果をみると、オークスから参戦してくる馬が中心となる。

オークス  5-1-2-2
桜花賞  1-0-0-0
フローラS 0-0-0-1
白百合S  1-0-0-0
1000万条件  1-0-0-0
500万条件  1-0-0-0
未勝利 1-0-0-0

オーークスで敗れていた馬が巻き返すという可能性がそれほどないが、オークスで4着以上と好走していた馬が中心となる。

近年は上がり馬が台頭するケースもみられる。

 

情報がお役に立っていれば、一日一回競馬ブログランキング(←こちら)のクリックをお願いします。

 

ローズステークス 消えた人気馬の特徴

2016年
2番人気11着ジュエラー:故障明けで状態がよくなかった。
3番人気5着アットザシーサイド:距離が長かった。
4番人気8着レッドアヴァンセ:
5番人気7着アドマイヤリード:

2015年
3番人気4着レッツゴードンキ:
4番人気6着アンドリエッテ:
5番人気5着クィーンズリング:コースが合わなかった。

2014年
1番人気6着レッドリヴェール:スランプに陥っていた
3番人気9着サングレアル:
4番人気5着ヒルノマテーラ:この時点では能力不足。
5番人気15着アドマイヤシーマ:

2013年
2番人気13着エバーブロッサム:
3番人気14着レッドオーヴァル:気性的な難しさをみせ、距離も長かった。体重もプラス12キロ。
4番人気4着メイショウマンボ:惜しいレースも、休み明けの分、伸び切れなかったか。
5番人気6着ローヴティサージュ:前でレースをした馬の中では粘ったが、ペースが厳しかった。

2012年
4番人気5着トーセンベニザクラ:
5番人気4着キャトルフィーユ:ペースが落ち着いて瞬発力勝負となったことが響いた。

2011年
2番人気6着マルセリーナ:
3番人気10着エリンコート:
4番人気4着ビッグスマイル:実績馬に対し、能力で劣った。
5番人気5着ドナウブルー:筋肉がつき切っておらず、能力的に劣った。

2010年
1番人気4着アパパネ:
2番人気7着アグネスワルツ:
3番人気8着オウケンサクラ:馬体やレース内容からも能力的に劣り、鉄砲が利くようなタイプでもなかった。

2009年
2番人気4着ミクロコスモス:
3番人気9着ワイドサファイア:休み明けで、決め手で劣るタイプであった。
4番人気11着ジェルミナル:馬体の張りが乏しく、状態がよくなかった。

 

重賞レースの傾向、穴馬と危険な人気馬の情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

 

ローズステークス 穴馬の特徴

2016年11番人気2着クロコスミア:有料メルマガで自信の穴馬推奨。距離、直線が長いコースともに合った。逃げるレースをしたが、道中のラップが緩んで、展開の恩恵があった。素質自体はあり、春よりも成長していた。

2015年7番人気1着タッチングスピーチ:距離は1600mから2000mがよく、レースの適性が高かった。前走は500万条件であるが完勝しており、能力の裏付けもあった。

2014年9番人気3着リラヴァティ:有料メルマガで自信の穴馬推奨。春の時点で重賞でも好走できていたが、春よりも成長していた。レースをつかわれているアドバンテージがある点からも、人気の一角を崩す可能性は高かった。

2014年15番人気2着タガノエトワール:前走初勝利を挙げたばかりで全くのノーマークと言える存在であったが、次走で秋華賞3着と結果を残すように能力はあった。

2011年10番人気2着マイネイサベル:有料メルマガで自信の穴馬推奨。春はいまひとつ状態がよくなかったが、出来がよかった。降雨の予報から晴れに変わり天候がもったことにくわえ、ペースが落ち着いた方がいい馬で前半800m49秒7とゆったりした流れになりツキもあった。

2010年6番人気2着ワイルドラズベリー:有料メルマガで自信の穴馬推奨。馬体から重賞レベルの能力があると判断し、春から追いかけ続けてきた馬。休み明けながら馬体に太めもなかったが、調教の動きがよく状態が上昇していたことも好走の要因。

2009年10番人気3着クーデグレイス:前走ルスツ特別(2着)は同じ3歳牝馬のパールシャドウに敗れ、人気を落としていたが、プラス8キロと体重が増えており、このレースではマイナス14キロと絞れて上昇があった。前が止まらない馬場状態も追い風となっていた。

2008年7番人気1着マイネレーツェル:重馬場ながら前半800m46秒9と例年と変わらないペースで推移し、決め手が生きるレースとなった。時計のかかる馬場の方がいい馬で、馬場の悪化も追い風となった。

2008年9番人気2着ムードインディゴ:自信の穴馬に推奨。前走クイーンSの時よりも馬体に張りが出て上昇していた。前走はプラス22キロと体重が増えていたが、このレースはマイナス18キロと絞れており、上昇のシグナルであった。上半身と下半身ともに実が入り成長も感じさせた。

 

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)ではより明確な穴馬と危険の人気馬のパターン、人気薄の穴馬をお届けしています。

新潟記念〇△馬連2480円本線4点的中。レパードSは9万馬券的中!!

-ローズステークス
-,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.