セントライト記念 予想 ローズステークス 予想 穴馬 予想

ローズS セントライト記念 有力馬の考察

更新日:

セントライト記念とローズSの穴馬は人気ブログランキング(←150位くらい)へ更新。
より人気薄の穴馬は無料メルマガでご覧下さい。バックナンバーでもご覧頂けます。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
今回は出走馬の考察をお届けします。
下記の考察は無料メルマガでもお届けしています。
ベルシャザール
※ 下記はダービーでお届けした考察の一部。
「やや胴長で後肢の股下が高い点などをみると父系の影響が強く、父キングカメハメハに乗っていた安藤勝己騎手もよく似ているというコメントを残して高い評価をしているとおり能力的にはG1レースでも好勝負が可能な器。
距離は2000m近辺がベストも、後方からレースをすれば2400mまで対応可能で幅広くこなし、器用さを欠くタイプではないためコースもさして問わない。
パワーも充分でダートなども走りそうだが、瞬発力よりもスピードやパワーなど総合力で勝負をするタイプでスローペースよりもペースが上がるレースの方が合う馬。
前走皐月賞では、人気になっていたが逃げ馬の不在によりペースが落ち着くことを懸念して馬券の対象から外したが、結果にはめをつむりたい。
ペースが上がりやすい頭数の多いレースやレベルの高いレースの方が力を発揮できる馬で、前々走スプリングSはペースが上がった点が好走の要因。
今回出走馬の脚質をみるとさしてペースは上がりそうにないが、馬体をみると道悪の適性があり、脚質的な部分や瞬発力で劣る点などから馬場の悪化はプラス材料になる可能性が高い。
今回やや内目の枠に入ったが、上手く先行してスムーズにいけば押し切る可能性がある。」
サダムパテック
※ 下記はダービーでお届けした考察の一部。
「朝日杯FSでは器用さが要求される中山で行われる点などから評価を割り引いて本命は避けたが、単勝1倍台という人気はやはり過大な評価であったと言わざるをえない、
前走皐月賞では2着に好走したが、馬体をみると余裕残しだった弥生賞と比べると、馬体の面や調教で動いている点からも確実に状態は上昇していた。
また、枠や調教の内容などから本命に推したが、今回も状態面は申し分ない。
ただ、ここではよほど割り切った競馬をするか、展開に恵まれない限りレース適性の不安が頭をもたげてくる可能性が高い。」
エリンコート
※ 下記はオークスでお届けした考察の一部。
「2009年にこのレースであわやブエナビスタを退けるかというレースをして2着に入ったレッドディザイアによく似ている。
先行していいタイプでコースはどちらかというと距離は1600mから2000m辺りがベストも、レースの適性としては悪くない。
全体のバランスは上々で確かな素質を持っており、しっかりと実が入って完成度も高い。
また、能力以上に状態は良好で、馬体は太くもなく細くもなくほぼベストの肉付きで皮膚の質感からも体調の良さを窺える。
過去のレースをみると、前走で忘れな草賞をつかわれていた馬はほとんど結果を残しておらず、時計をいてもさしたる数字ではない。
馬体面からも例年レベルの3歳牝馬G1であれば充分通用する器で、状態のよさから狙ってみたい1頭。」
出走馬の考察は、もうひとつの無料メルマガでお届けしています。
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-セントライト記念 予想, ローズステークス 予想, 穴馬 予想
-,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2022 All Rights Reserved.