穴馬 予想

フェブラリーS回避 ダイワスカーレットの故障について思うこと

更新日:

人気ブログランキング←今週の重賞注目馬。現在300位くらい。ダイヤモンドSはモンテクリスエスが優勝!!
有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)は4週連続重賞的中!!

ダイワスカーレットの症状は浅屈腱炎と診断され、年内の復帰は絶望と伝えられている。
過去松田国英厩舎の馬は、クロフネやタニノギムレット、キングカメハメハなどが故障で引退しており、一部では松田国英調教師に対する非難の声も出ている。

個人的にも3歳時にダービーにくわえ、種牡馬になった際スピードが評価されるようNHKマイルカップを使うというローテーションには疑問で、古馬になってから安田記念を使えばいいのではないかと感じる。
もちろん現場の意見が全てにおいて最優先されるべきであるというのは大前提であるが。

ただ、ダイワスカーレットに関していえば、ゆったりとしたローテーションにしても強めに追わない調教にしても、繊細さを欠いた扱いをしたという印象はない。
そして何よりダイワスカーレットは後天的に獲得した資質も大きく、松田国英厩舎でなければあれほどの成績は残せなかったのではないかと感じる。
先日アドマイヤモナークの故障が判明してそのまま引退してしまったが、それほど有馬記念の消耗が激しかったということで、今回の故障の最大の要因ではないかと考えられる。
また、凄まじいレコードで決着した天皇賞(秋)における激闘も無関係とはいえないはずである。

新聞で海外挑戦の青写真の記事を読んで、期待に胸躍らせていただけに今回の故障は非常に残念である。
あくまで私見にすぎず素人考えでしかないが、牝馬は現役時に消耗すると引退後、誕生する産駒にも影響が及ぶだけに、このまま引退させるというのが現実的な判断ではなかろうか。
トレーニングによって鍛えられ、古馬になってより一層パワーアップを果たしただけに、一回故障をしてしまうと筋肉が落ちて以前のようなパフォーマンスをみせることが出来ない可能性も高い。
もちろんカネヒキリのように復活して、以前に勝るとも劣らない活躍ができれば、非常に素晴らしいことであると思うが。


無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」
(←クリック))でお届けしている穴馬はシルクロードS、ダイヤモンドSと2週連続激走!!
無料メルマガ「G1レース専門情報」(←クリック)のデータで推奨した、軽ハンデの差し馬がモンテクリスエス、ブレーヴハートが上位2頭独占!!

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.