穴馬 予想

フェブラリーS 各馬の考察 (2)

更新日:

ロングプライド
※ 下記は平安S時の考察
「理想をいえばもっと張りがあれば言うこと無しだが、毛ヅヤがよく、全身スッキリとして申し分ない状態。D1800mは最も合う条件で、芝馬のようなスラッとした馬体をしており、前後肢のバランスは5.5対4.5位とこのレースで最もきているタイプ。
斤量も56キロ、そして前で競馬ができるという事もあり、本命に推す。」

ドラゴンファイヤー
※ 下記は平安S時の考察
「タイプとしては同じ父のタイムパラドックスと似た印象で、若干パワーのベクトルが強い馬体だが、東京ダートは2-1-0-1重馬場も1-0-0-0とスピードが求められる馬場で結果を残している。
距離はタイムパラドックスよりも胴が短く肩の角度がたち、やや短めの1800mから2000m位が合う馬。
前走と比べて調教の動きにあまり変化はみられないが、馬体のラインは毛ヅヤがいまひとつも少しスッキリした印象でプラスに出る可能性の方が高いと感じる。
56キロの斤量も魅力で上手く先行できれば。」

メイショウトウコン
※ 下記はジャパンカップダート時の考察。
「調教も動き、馬体も太めなく皮膚の質感もよく状態はよさそう。
東京での実績はないが、距離に関してはベストに近く、父の産駒も東京D2100mで結果を残している。

最も出来がよかったのは昨年のアンタレスS時で下記のような考察

「出来は前走時よりもさらに上昇しており、最高の状態に近い。ダート1800m1700mで2勝ずつ。
D1800mの2勝がともに京都、そしてこのレースで強い血統で構成されている点からも評価を高めたい。
問題は後ろから競馬をする事でそこに危うさがあるため、この馬だけを軸に据えて馬券を買う事はおすすめできない。」

※ 下記は平安S時の考察
「2000m近辺の距離がベストで、昨年同じ京都1800mのアンタレスSを勝利している点は魅力。
ただ脚質の面、そして斤量が1キロ増えていること、状態などから本命は避けたい。」

フェブラリーSの穴馬は明日メルマガでお届けしたい。

無料メルマガ馬体は嘘をつかない(←クリック)

無料メルマガでは馬体診断で穴馬を、そして穴馬データを届けしています。
有馬記念は推奨穴馬の9番人気マツリダゴッホが優勝!!

「競馬予想 馬体診断&競馬、重賞データで予想」←トップページへはこちらから

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.