穴馬 予想

ファルコンS 予想 ニンジャ 考察

更新日:

ツイッター(←コチラ)では穴馬や穴馬の傾向など情報をお届けします。

フォローをお返ししていますので、よろしくお願いいたします。

ニンジャ
※ 下記は新潟2歳S時の考察

「全体の骨格やボテっとしたつくりをみると、父グラスワンダーの特徴が出ているのかと感じたが、父系の産駒はもう少し腹のラインに丸みがあり、骨格がより発達した馬が多い。

母の父アドマイヤベガの産駒もパワータイプに出ている馬が多く、全体のフォルムやく腰のてっぺんから尻尾の付け根にかけてのラインなどをみるとスターミーカフェによく似ており、母の父の影響が強いと思われる。

ストーミーカフェはディープインパクトと同期の馬で、朝日杯FSを前半800m45秒4というハイペースで逃げて2着に粘り、共同通信杯も強い内容で勝利したが、そのレース後、故障により戦線離脱。

競争馬にとって瞬発力というものはなかなか鍛えられて身につくものではなく、天賦によるものが大きいが、ストーミーカフェのスピードは鍛えられてのものであり、復帰後は筋肉が落ちて能力が戻らなかった。

新馬戦で先行しながら二枚腰をみせて上がり最速の脚で勝利しているが、レース振りに通じるものがあり、この馬にも同じことが言えるだろう。

ただ、そこまで鍛え抜かれた筋肉というわけではなく、背中がくぼんだ背ったるで全体のバランスもそれほどよくない。

このレースで要求されるキレ味で勝負するタイプでない点からも押さえまでか。」

ヴェアデイロス
※ 下記は小倉2歳S時の考察

「やや骨格が発達しており、ベストは坂のある中山や阪神などかもしれない。

全体のボリュームなどからもパワーとスピードの持続力に富み、後肢のつくりをみても先行する競馬あるいは逃げる競馬が合う。

全体の丸みや胴の短さなどをみると距離には確実に限界があり、1200mがベストでここは条件としては比較的向く。

同じサクラバクシンオー産駒のゴーイングパワーの方が父サクラバクシンオーの特徴が出ている印象で、この馬はよりパワーにベクトルが傾いているが、ノーザンテーストの強めのクロスがあるためかもしれない。

そこまでバランスのいい体型ではないが、身体の柔らかさも感じさせて完成度も高く、2歳重賞であれば通用する能力を持っている。

状態も張りがあってなかなかよくあとはもう少しメリハリがあればというところであるが、調教の内容は大変よかった。

また、前走の内容はさして目立ったものではないが、馬体写真のある4頭の中ではピンときた1頭。

さして人気もないと思われ、外枠に入った点からも狙う価値がある。」

フィリーズレビューは無料メルマガ推奨穴馬8番人気ビウィッチアスが2着に激走!!

中山牝馬Sも無料メルマガ推奨穴馬7番人気オールザットジャズが2着に激走!!

先週のオーシャンS、先々週の中山記念、アーリントンCに続いてこれで3週連続穴馬激走!!

重賞レースの穴馬はレース当日に配信しています。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

フィリーズレビュー8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ
日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

バックナンバーをご確認ください。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2023 All Rights Reserved.