競馬 予想

ダイヤモンドステークス 穴馬の傾向は?

投稿日:

競馬ブログランキング←穴馬など情報がお役に立っていれば、1日1回クリックお願いします。

根岸Sは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で推奨した穴馬15番人気アドマイヤロイヤルが3着に激走!!

東海S9番人気2着グランドシチーに続き2週連続激走!!

フェアリーSは推奨穴馬8番人気ローデッドが2着に。中山金杯は推奨穴馬15番人気パッションダンスが4着と惜しい結果。

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

[ダイヤモンドステークス 穴馬好走要因]

2012年15番人気1着ケイアイドウソジン:道中13秒台のラップを7つも刻む異常なスローペースで推移し、完全に前残りの結果に。

2010年6番人気2着ベルウッドローツェ:2400m2500mの距離で連勝中。初勝利を挙げた半年前から大幅に成長しており本格化。1枠2番から道中2番手を追走していたが、前残りの結果に。

2010年10番人気3着ドリームフライト:近走全く結果を残せていなかったが、斤量が50キロ、母の父リアルシャダイで3400mという長丁場が合った。それ以上に内枠から逃げる競馬で、前が止まらない馬場と展開が追い風に。

2009年12番人気3着ブレーヴハート:正直に言ってあまり買いの材料はなかったが、人気の先行馬が崩れる展開で、決め手が生きたことが好走の要因か。

2008年12番人気3着レーザーズエッジ:先行馬が崩れており、斤量50キロで展開も向いた。

2007年6番人気2着エリモエクスパイア:斤量が53キロと軽く、上がりの時計が12秒0-11秒1-11秒7-12秒3と速く、先行有利の瞬発力勝負となっていた。

2007年10番人気3着アドバンテージ:今回マイナス6キロと絞れつつあり、以前とほぼ同じ水準の数字まで減っていた。道中2番手を追走し、2着馬とともに展開の恩恵を受けていた。

重賞レースの穴馬と穴馬の考察などは、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。



週明け予想オッズ判明後、中山記念or阪急杯orアーリントンカップの2けた人気穴馬候補競馬ブログランキング(←備考欄)へ更新。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.