セントウルステークス 穴馬 予想

セントウルS 馬体からの考察(2)

更新日:

大きなレースになるほど、騎手の腕や実力が求められます。
このレポートでは中央競馬のG1の過去5年騎手別データを分析しています。

「競馬は騎手買いで稼ぐ!G1で買える騎手・買えない騎手」

複勝回収率100%を超えるジョッキーがいたり、意外とG1で成績がいい騎手が少ない事が分かります。

引き続きセントウルS出走馬の前走までの考察をお届けします。

カノヤザクラ

※ 下記はアイビスSD時の考察

「調教の様子は分からないが、アバラが浮き出ていた前走よりも、状態はいいと感じる。
どちらかというとガッシリしたタイプで、このレース向きの馬体にはみえないが、斤量や枠などを考えると、必ず押さえる事が必要な1頭。」

アポロドルチェ

※ 下記はアイビスSD時の考察

「この春の不振は、馬体にやや余裕があったことが原因である可能性が強い。
改めて馬体を見直してみると、距離はマイルよりも短い方がよく、ベストは1400m位かもしれない。
太目はなく調教も動き、状態はいい。枠は微妙だが、穴で狙いたい1頭。」

私がセントウルSを題材に作成したレポートです。

「重賞レースを3連複少点数で狙う (1)」(←クリック)

セントウルSで求められる買い方や予想の方法をまとめました。

マルカフェニックス

※ 下記は北九州記念時の考察

「つなぎの短さや角度、蹄の形状、そしてレイズアネイティヴのクロスがある血統からも、重馬場は上手い可能性が高い。
調教もまずまず勢いがあり、悪くない動き。」

ジョリーダンス

※ 下記はヴィクトリアマイル時の考察

「データの面は満点に近い。前後肢のバランスはいかにもキレのある馬体で、昨年よりも胸前に張りが出た印象。
メリハリもあり、調教の動きは最もよく状態は上々。
バランスがよく、体も柔らかくG1級の能力というよりもキレという大きな武器を持っており、それが嵌れば戴冠も。
走破圏にいる1頭と感じる。
馬体も張りがあってメリハリ、毛ヅヤも悪くない。
枠を除けば弱点が少なく、大きく崩れる可能性は低いように感じる。」

上記の考察は無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)でお届けしたものです。

携帯メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)では重賞の穴馬や穴馬データをお届け。
夏競馬も絶好調!!推奨穴馬激走中です。

札幌記念 5番人気1着タスカータソルテ
マーメイドS 10番人気2着ピースオブラヴ
プロキオンS 7番人気1着ヴァンクルタテヤマ
クイーンS 12番人気3着フミノサチヒメ

「競馬予想 馬体診断&競馬、重賞データで予想」←トップページへはこちらから

-セントウルステークス, 穴馬 予想
-,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2022 All Rights Reserved.