セントウルステークス 穴馬 予想

セントウルS 穴馬

更新日:

京成杯AHの穴馬とセントウルSのもう1頭の穴馬は間もなく無料メルマガでお届けします。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
まぐまぐでお届けしており、バックナンバーを公開しているため、ねつ造はありません。
広告のみの内容を連続で配信することは基本的にしておりません。
阪神の重賞レースセントウルSの穴馬は馬番人気ブログランキング(←110位くらい)へ更新
※ セントウルSの穴馬は阪○番と表記されています。
上半身のつくりなどをみると父の特徴が出ているようで、身体のラインや柔らかさがある点からもなかなかの素質馬で、ここにきての成長を感じさせる。
しまいの決め手で勝負をするタイプではないため、能力的な上積みや向上する余地は大きいかもしれない。
ただ、右前脚が曲がっており脚元に弱いところがあるタイプかもしれないので、故障の恐れがある点は気になる。
1200mのレースをつかわれ続けているが、全体のつくりなどからオープンでも1600mまでなら対応出来るように感じる。
前々走では2着と好走しているが、あのレースは内枠の逃げ先行馬が非常に強いレースであったことが好走の要因で高い評価は避けた。
前走のレースで人気を集めていたが、レースの適性で劣る点からも評価を割り引いて馬券の対象から外した。
全体のボリュームのバランス、飛節を中心とした後肢のつくりなどから前目の位置での競馬が合う馬だが、ある程度のキレもあり、直線で抜け出す競馬が合うのではないかと感じる。
コースはさして問わないタイプで、レースの適性で劣っていたが、前走よりも今回の方が脚質的な部分などから条件は向くはず。
前走時も皮膚の質感なども申し分なく力を出せる出来にあったが、今回状態は上々。
開幕週ということもあり展開がはまれば一発もあるか。
その穴馬は馬番人気ブログランキング(←110位くらい)へ更新

-セントウルステークス, 穴馬 予想
-,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2022 All Rights Reserved.