スプリンターズS

スプリンターズS 2017 穴馬と危険な人気馬の特徴

更新日:

スプリンターズステークス 2017 穴馬候補

期間限定でスプリンターズステークスの2けた人気穴馬候補を(←現在150位くらい)の紹介文へ更新。

※ ランキングの順位の確認方法が分からない場合はこちら(←クリック)をご覧ください。

2017年は無料メルマガで下記の穴馬をお届けさせて頂きました。

セントウルS 6番人気2着 ラインミーティア
札幌2歳S 7番人気3着 ダブルシャープ
キーンランドカップ 12番人気1着 エポワス
エルムS 8番人気3着 ドリームキラリ
アイビスSD 8番人気1着 ラインミーティア
小倉記念 6番人気3着 フェルメッツァ
函館記念 14番人気2着 タマモベストプレイ
プロキオンS 6番人気3着 ブライトライン
ラジオNIKKEI賞 8番人気2着 ウインガナドル
函館スプリントS 7番人気3着 エポワス
エプソムカップ 6番人気3着 マイネルハニー
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

10月から期間限定で有料(3か月3240円)で穴馬をお届けさせて頂きます。

詳しくはこちらのページ(←クリック)をご参照ください。

オールカマーは10番人気マイネルミラノが惜しくも4着。

スプリンターズステークス 2017 穴馬の特徴

2016年9番人気3着ソルヴェイグ:凾館スプリントSを勝っており1200mでの能力の裏付けがあった。人気馬にアクシデントや不利、マイナス材料があったことも追い風になった。

2015年11番人気2着サクラゴスペル:安田記念以来のレースであったが、マイナス10キロと体重が減っていた点からも、休み明けの影響はなかった。中山芝1200mでは重賞2勝を含む3勝を挙げており、条件が合った。

2015年9番人気3着ウキヨノカゼ:力を出せる出来にあり、1200mで2戦2勝と底を見せていなかった。勝ったストレイトガールを除けば、不安材料のある馬が多かった。

2013年15番人気3着マヤノリュウジン:前走セントウルSは休み明けでプラス22キロと体重が大幅に増えていたが、このレースではマイナス14キロと絞れており、1200mでは安定して走っていた。

2012年9番人気3着ドリームバレンチノ:有料メルマガで穴馬に推奨。条件も悪くなかったが、それまでは3連勝しており、完全に復調していたことが好走の最大の要因。

2011年9番人気2着パドトロワ:馬体に余裕を感じさせたが、状態のよさが目立ち、輸送により絞れていた。前半600m33秒0とペースが落ち着いて、上位は先行馬が占める結果になり、展開の恩恵を受けていた。

2011年7番人気3着エーシンヴァーゴウ:能力を評価して有料メルマガで本命推奨。夏からつかわれ続けており、お釣りがないと言われてきたが、状態の下降はみられなかった。この条件が合ったことも好走の要因。

2010年7番人気3着サンカルロ:有料メルマガで穴馬推奨。3歳時からG1レベルのものをもっていると評価してきた馬。前走京成杯AHは脚を余していたが、距離短縮もあり悪くない条件であった。

2009年6番人気1着ローレルゲレイロ:状態が非常によかった高松宮記念と比較すると、それほど出来はよくなかったが、降雨の影響により前日、当日ともに外枠有利の結果となっており、馬場の悪化の恩恵も大きかった。

2009年8番人気3着カノヤザクラ:前走セントウルSは前半600m33秒8と遅い流れで推移し、後手を踏んだことが致命的に。このレースでも後方からのレースとなったが、前半600m32秒9とまずまずペースが上がったことと、人気馬に状態の下降や直線での不利があったことが追い風に。

2006年10番人気2着メイショウボーラー:フェブラリーS勝利のイメージが強かったが、芝の重賞を2勝し、G1でも好走歴あり。フェブラリーSを勝った後、不振が続いていたが、前々走の地方重賞で59キロを背負いアタマ差の2着と復調気配をみせていた。

2006年16番人気3着タガノバスティーユ:ブライアンズタイム産駒らしい体型をしており、心肺機能が高い馬で脚質的な面からも前半600m32秒8とペースが上がったことが追い風に。前走で休み明けの北九州記念をつかわれて上昇もあったよう。

スプリンターズステークス 2017 消えた人気馬の特徴

2016年
1番人気12着ビッグアーサー:直線で包まれて完全に脚を余していた。
4番人気15着ダンスディレクター:脚質的な面を含めてレースの適性でも劣った。
5番人気4着シュウジ:

2015年
2番人気13着ベルカント:
3番人気5着ウリウリ:距離の適性を微妙に欠いた感がある。
4番人気4着ミッキーアイル:外枠が微妙に影響か。
5番人気12着ハクサンムーン:

2013年
3番人気7着グランプリボス:
4番人気11着サクラゴスペル:
5番人気6着ドリームバレンチノ:全盛期の力はなく、上位2頭のレベルが高すぎた。

2012年
3番人気4着エピセアローム:
4番人気8着パドトロワ:前年の2着馬も前の年より出来がよくなかった。
5番人気10着リトルブリッジ:外国馬で敗因不明。

2011年
1番人気4着ロケットマン:包まれて抜け出せず。股下の位置が高く、スピードで押し切る馬が強いレースの流れが合わなかったか。
2番人気11着ダッシャーゴーゴー:
4番人気5着ラッキーナイン:
5番人気7着サンカルロ:微妙に距離が長く、それほど出来もよくなかった。

2010年
1番人気7着グリーンバーディー:後方からレースをしたが、レースの流れが合わなかった。
2番人気5着ワンカラット:
4番人気10着ビービーガルダン:
5番人気14着ローレルゲレイロ:

2009年
1番人気5着アルティマトゥーレ:中山の坂とペースというタフな条件が合わなかった。
4番人気12着キンシャサノキセキ:
5番人気13着グランプリエンゼル:中山と速いペースに対応できなかった。
3番人気16着シーニックブラスト:外国馬で敗因不明。

情報がお役に立っていれば、一日一回のクリックをお願いします。

 

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)では馬体診断による推奨馬とともに、より馬券に直結する重賞データ、明確な穴馬と危険の人気馬のパターン、人気薄の穴馬をお届けしています。

新潟記念〇△馬連2480円本線4点的中。レパードSは9万馬券的中!!

-スプリンターズS

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.