穴馬 予想

ジャパンカップダート レース回顧

更新日:

携帯サイトでも情報をお届けしています↓
携帯サイト「馬体診断&重賞データ」(←クリック)

今回のジャパンカップダートは本命カジノドライヴ対抗ヴァーミリアンの馬連本線1点で勝負。穴の2点でワイルドワンダーとの組み合わせを押さえたが、レース条件が変わったことにくわえ、外国馬の参戦や阪神ダート1800mのコースなど、不確定要因が多いことから、大勝負を避けて買い目を極限まで減らした。

カネヒキリに関しては、筋肉が落ちているように感じてまだ少し時間がかると思ったが、パドックではかなり丸みを帯びた馬体で、スラッとした体型の馬であるが、胴が短く感じるほど筋肉を取り戻していた。

2008ジャパンカップダート パドック

スタッフの方に対して脱帽というほかない。
近年高齢馬の活躍など、過去の常識が変わってくるというケースがままみられる。今回のように長期休養をして復活するケースが今後も増え、新しい常識になり、その意味で、今年のジャパンカップダートはひとつのエポックメイキングといえるレースになるかもしれない。
そしてやはりルメール騎手の騎乗は完璧に近く、G1での外国人騎手の活躍はひとつのトレンドにもなってきているので、今年の残りのG1レースでは忘れないでおきたい。

1番人気を裏切ったヴァーミリアンであるが、有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)では、「よほど後ろからの競馬にならない限り大きく崩れる可能性は低いと感じる。」とお伝えしたが、やはり敗因はそこにあるだろう。
「1、2角で他馬に内から張られてポジションを上げることが出来なかった」というレース後の騎手のコメントをみたが、スタートしてからサクセスブロッケンが内へ切り込んでいく際、窮屈なポジションに追い込まれたことがそもそもの発端だったといえる。

2008年 第9回 ジャパンカップダートG1 カネヒキリ レース映像

結果論になるが、サクセスブロッケンよりもスタートはよかったのだから、先頭に押し出される形になる可能性もあるが、サクセスブロッケンを制する形で前目のポジションにつけてもよかったのかもしれない。
また、一部では衰えも懸念されているが、今回の敗因は状態に求めることも出来る。
プラス12キロの体重はさして太めに感じられなかったが、張りがまだひとつといった感じで、そこが本命に推さなかった理由でもある。
そのため衰えが喧伝されて、もし次走で人気が落ちているようなら、おいしいといえる。

2着のメイショウトウコンは状態がいいと感じたが、脚質から3着までと読んだ。
予想外の降雨があり、午前中はやや重の馬場で行われ、脚抜きのいい馬場も追い風になった。

潜在能力に期待し、本命に推したカジノドライヴであるが、3番人気は人気のしすぎであった。
馬なりで直線に入り、突き抜けるかと思ったが、キャリアが浅く、直線で挟まれる形になったのが厳しかったのかもしれない。
精神面でも肉体面でも、まだ成長の余地を大きく残しているため、今後より期待したい。

さて復活を果たしたカネヒキリと捲土重来を期すヴァーミリアン。
復帰した武豊騎手はどちらの手綱をとるのだろうか。

人気ブログランキングへ

無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)では重賞の穴馬をお届けしています。

スワンS 5番人気1着 マイネルレーニア
デイリー杯2歳S 8番人気3着キングスレガリア
京都大賞典 6番人気2着アドマイヤモナーク
オールカマー 8番人気3着トウショウシロッコ
ローズS 9番人機2着ムードインディゴ
札幌記念 5番人気1着タスカータソルテ
クイーンS 12番人気3着フミノサチヒメ
プロキオンS 7番人気1着ヴァンクルタテヤマ
マーメイドS 10番人気2着ピースオブラヴ
オークス 13番人気2着エフティマイア

無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)推奨穴馬激走中!!

重賞穴馬 馬体診断で穴馬予想←トップページへはこちらから

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.