穴馬 予想

シンザン記念 回顧

更新日:

人気ブログランキング(←click)後日重賞情報をお届け。

2009年 第43回 シンザン記念(G3) アントニオバローズ HD

シンザン記念はアントニオバローズが勝利。
過去シンザン記念を2戦程度のキャリアで勝っているのは、タニノギムレットやアドマイヤオーラといった一流馬。
距離に限界があると感じるが、パドックでは胸前の筋肉も充分で柔らか味もあり、非常に高い素質を感じさせた。
父マンハッタンカフェが長距離馬よりマイラーを多く出していることから、NHKマイルカップで面白いかもしれない。
2着のダブルウェッジは、最もロスの少ない競馬をしたことが好走の最大の要因か。

今回本命に推したミッキーパンプキンは4着。
ペースが微妙に落ち着き、瞬発力勝負になったのが敗因と思うが、距離も少し忙しかった。
当分条件に合うレースがないため、厳しいレースが続くと思うが、凡走が続けば人気も落ちると思う。
東京や京都などで2000mを超えるレースに出走してきて人気がなければ積極的に狙いたい。

馬券はミッキーパンプキンからアントニオバローズ、無料メルマガで穴馬指名したキングスレガリアなど3頭へ流した。
パドックをみると人気のタキオンクールは、筋肉がつききっておらず、もう少し時間がかかると感じた。
アントニオバローズは迫力があり馬連を厚めに買ったが、ミッキーパンプキンが粘ることが出来なかった

今回のシンザン記念は馬体写真が4頭しかなく、材料の乏しい厳しいレースであった。
しかし今週のレースには非常に楽しみな馬が1頭いる。
個人的な馬券は大きく勝負したい。

先週の重賞以外の調教推奨馬は複勝回収率が約144%あったが、シンザン記念で儲けを全て吐き出す形になってしまった。
昨年の回収率(7月お届け開始)120%を超えることを目標に、今年も頑張りたい。

「ニューイヤーS」
サンツェッペリン   A+ 動きに勢いあり
マヤノツルギ     A  一杯に追われてそれに応える動き。
「名鉄杯」
フリートアドミラル  A  動きに力感あり

サンツェッペリンの強引な競馬は少し残念であった。
そろそろ久しぶりに無料メルマガ(←クリック)でも調教推奨馬の一部をお届けできれば。

[編集後記]
元旦に風邪をひき、満足に食事が出来ない状態が続いてサイトの更新を休止しておりました。
(その際、有料メルマガの一部の読者の方にご迷惑をおかけしました。再度お詫び申し上げます。)
レポートの作成もあってなかなか時間はないですが、ブログでの展望や考察の更新も出来るだけお届けしていきたいと思います。

重賞穴馬 馬体診断で穴馬予想←トップページへはこちらから

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.