競馬 予想

クイーンS 穴馬の特徴は?

更新日:

ルムSは穴馬サイトでお届けした10番人気インカンテーションが2着に激走!!

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

穴馬は(このブログとは別の)穴馬サイト(←クリック)でお届けさせて頂きます。

[クイーンS 穴馬好走要因]

2012年10番人気2着ラブフール:調教でA評価としたが、この馬が最も内容がよかったが、前走五稜郭Sは約2ヶ月振りのレースで、使われた上積みもあった。

2011年10番人気2着コスモネモシン:46秒7と速いペースで推移、その後も11秒台のラップを刻む淀みない流れで後方からレースをするこの馬に大きな追い風となった。

2008年12番人気3着フミノサチヒメ:穴馬推奨。実績が1500mまでで、前走、前々走1800mのレースで敗れており、距離の面で嫌われたが、前半800m48秒6とペースが落ち着き、スタミナが要求されない流れになったことが追い風に。

2005年10番人気2着ヘヴンリーロマンス:前年重賞を勝ち、その後斤量が増えたこともあり不振が続いたが、このレースでプラス14キロと体重が増えていたが、本格化のシグナルであった。その後も体重が同じ水準の数値で推移しており、札幌記念と天皇賞(秋)を連覇。

2003
年7番人気1着オースミハルカ:元々440キロ台と小柄であったが体重が18キロ増え、その後も増え続けており軌道にのっていった。前走オークスはさすが
に距離が厳しかったが、桜花賞でも0秒6差と好走しており、成長と52キロで出走出来たことを考えると、好走に不思議はない。

穴馬は無料の穴馬サイト(←クリック)無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

※ 下記はお届けした穴馬。

エルムS 10番人気3着 インカンテーション
鳴尾記念 10番人気3着 フラガラッハ
京王杯SC 10番人気1着 レッドスパーダ
京王杯SC 7番人気3着 エールブリーズ
青葉賞 10番人気1着 ショウナンラグーン
大阪杯 6番人気2着 トウカイパラダイス
中山牝馬 10番人気2着 ケイアイエレガント
東海S 8番人気3着 マイネルバイカ

重賞レース穴馬の傾向とG1レース調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)で配信しています。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.