穴馬 予想

クイーンS 予想 出走馬考察(2)

更新日:

中京記念は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした推奨穴馬13番人気ミッキードリームが2着に、函館2歳Sは9番人気プラチナティアラが2着に激走!

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しました。

心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

アイムユアーズ
※ 下記はマイルCS時の考察の一部

祖母は父サンデーサイレンス、母はオークスを勝ちエアグルーヴの母でもあるダイナカールという良血。

父ファルブラヴは2002年に中山芝2200mで行われたジャパンカップを勝っているが、ワンカラットや先日アイビスSDを制したエーシンヴァーゴウなど短距離馬を多く出している。

全体的な骨格がしっかりしているのはファルブラヴ産駒の特徴。

先行して押し切るレースの方が合い、ここは条件としてはよくない。

この春までは馬体をみると、能力的にはジェンティルドンナやヴィルシーナ、ジョワドヴィーヴルといった能力が高い馬と互角以上のレースをすることは難しかった。

今回は馬体に華奢な印象がある。

オールザットジャズ
※ 下記は中山牝馬S時の考察の一部

上半身のボリュームが発達した点や、丸みを帯びた身体のラインや胴の短さは父タニノギムレットに似ており、その特徴が出ている。

父はより筋肉のつき方にメリハリがありバランスもよく、能力的なものは父よりも劣るがこの馬も背中のラインなども悪くなく、筋肉のつき方も充分。

昨年の中山牝馬Sでは、ハンデ戦で行われて53キロで出走出来た点や、レースをつかわれている点などアドヴァンテージがあったため穴馬に推した。

今回は2着と好走した昨年より斤量が3キロ増える点が焦点となる。

福島牝馬Sは調教の動きが最もよかったため本命に推し、破った相手がコスモネモシンやアカンサスなど、それほどレベルは高くないメンバーであったが0秒2差をつける完勝。

前走日経新春杯では12着と大敗しているが、55キロを背負っていた点が響いた部分があり、今回ひとたたきされて上昇している。

前走の大敗によって人気が落ちていると考えていたものの想定以上に人気になっており、56キロと大外枠に入った点から軸は避けるべきだが、前でレースが出来る点からも評価が必要な1頭。

重賞レースの穴馬は上記のような考察とともに無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

※ 下記はお届けした穴馬

中京記念 13番人気2着 ミッキードリーム
函館2歳S 9番人気2着 プラチナティアラ
安田記念 12番人気3着 ダノンシャーク
NHKマイルカップ 8番人気3着 フラムドグロワール
京都新聞杯 11番人気3着 ジャイアントリープ
京都新聞杯 9番人気2着 ペプチドアマゾン
青葉賞 7番人気2着 ヒラボクディープ
弥生賞 10番人気2着 ミヤジタイガ
クイーンカップ 8番人気3着 ジーニマジック
日経新春杯 10番人気1着 カポーティースター
有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック

重賞レースの穴馬の傾向は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)で配信しています。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.