穴馬 予想

クイーンS 予想 アイムユアーズ ミッドサマーフェア 考察

更新日:

函館記念は無料メルマガで推奨した穴馬8番人気イケトップガンが2着に。

先週のプロキオンS推奨穴馬12番人気1着トシキャンディに続く激走!!

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

アイムユアーズ
※ 下記はオークス時の考察

「祖母は父サンデーサイレンス、母はオークスを勝ちエアグルーヴの母でもあるダイナカールという良血。

父ファルブラヴはジャパンカップを勝っているが、ワンカラットや先日アイビスSDを制したエーシンヴァーゴウなど短距離馬を多く出している。

函館2歳S時に距離延長でいいタイプとお伝えしたが、それがファンタジーSの好走の要因。

全体的な骨格がしっかりしているのはファルブラヴ産駒の特徴だが、前走フィリーズレビューなども坂のあるコースで条件は合った。

ただ、前走桜花賞では3番人気に支持されていたが、適性で劣るため馬券の対象から外した。

前々走のフィリーズレビューでは調教の内容が非常によくA評価として本命に推したが、休み明けながら状態がよく、それが勝因でレースの適性も合った。

阪神JFは4コーナー4番手と先行していたが、前半800m48秒0とやや落ちついたペースで推移し、展開の恩恵を受けているため参考にならないが、ファ
ンタジーSは例年レース時計が1分22秒から1分21秒台で決着しており、昨年は1分21秒6とまずまず速い部類に入る。

ただ、雨が降っていたものの、京都の馬場状態がよかったことも影響しており、当日に行われた保津峡特別などもやや速い時計で決着しており、レースレベルとしてはまずまずといったところ。

状態面はまずまず張りもあって申し分ないが、適性面で劣るため割引が必要となる。

人気馬を上位にとるのであれば、シビアな扱いとせざるをえない。」

ミッドサマーフェア
※ 下記はオークス時の考察

「前走フローラSではそれほどバランスがよくないと感じたが、全体的に余裕があったためのようで数字をみてもプラス10キロと増えていた。

今回は前走よりもかなり絞れており、それに伴い全体のバランスもよくみせる。

前走時はバランスがまずまずといったところであると感じたが、今回の写真を見る限り悪くなく、実の入り方も充分で完成度も高い。

丸みを帯びた身体のラインなどから父タニノギムレットの特徴が出ており、父の産駒の傾向や後肢のつくりなどをみても若干器用さを欠く部分があるかもしれない。

1600mのレースをつかわれいまひとつの結果が続いていたが、1800mで行われた前々走の君子蘭賞では2着に0秒6差をつける完勝劇をみせており、距離延長により軌道にのってきた。

今年のフローラSは2分2秒0と過去のレースと比較するとそれほど速い時計ではないが、前半1000mが62秒1とペースが落ち着いていたため。

スローペースであったこと影響しているが、上がりの時計自体も33秒4と破格の時計で、2着3着馬よりも0秒9も速い点からも非凡な数字であるが、能力の高さと距離延長への対応力を示している。」

重賞レースの穴馬は無料メルマガでお届けしています。

※ 下記は配信でお届けした穴馬。

函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
ユニコーンS 8番人気3着 タイセイシュバリエ
日本ダービー 6番人気2着フェノーメノ
目黒記念 6番人気3着 コスモロビン
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー 8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

もうひとつの無料メルマガの次回配信では小倉記念の情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.