穴馬 予想

キーンランドC 出走馬考察

更新日:

重賞レース注目馬は人気ブログランキング(←現在140位くらい)へ掲載。
今回は有料メルマガでお届けしている考察の一部をお届けします。
穴馬は詳細な考察ともに、間もなく無料メルマガでお届けします。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
アンシェルブルー
「骨格などをみると母方のストームキャットの影響が強いよう。
距離は1400m以下の方が合う馬で、前々走ヴィクトリアマイルは距離が長く東京のコース形態も合わなかった。
上半身のつくりなどをみるとどちらかというと先行していいタイプ。
カレンチャン
「名前と裏腹に筋肉の付き方に迫力があり、能力の高さを感じさせる好馬体。
3歳のフィリーズレビューでいずれは古馬の重賞レースあるいはG1レースでも好走可能であると評していたが、ここにきて軌道に乗ってきたよう。
そこからヴィクトリアマイルをつかわず、スプリント路線へ矛先を向けてきたことは、適性を考慮し、能力面から秋のG1を見据えたのであれば賢明で正確な判断であるだろう。」
ジョーカプチーノ
「古馬になってかなりボリュームが増した印象で、それがスプリント戦での結果に結びついていると思われる。
ある程度の距離延長にも対応できるタイプで、シルクロードSで後方からのレースをして勝っているが、体型から基本的には前目の位置での競馬が合う馬。」
パドトロワ
「馬体のつくりをみると母方のグランパドドゥおよびスターバレリーナの影響が強いよう。
前々走の函館スプリントSでは馬体に張りがあり幾分余裕があるようにみえた。
また、前々走では外枠も堪えたものと思われるが、前走UHB杯ではマイナス10キロとしっかり絞れて2着に0秒2差をつけて完勝。
パワーは充分で時計がかかる洋芝のレースは向く可能性がある。」
セイクリッドバレー、ヤマニンキングリー、ナリタクリスタル、サンライズベガなど新潟記念出走馬の取捨のポイントと考察はもうひとつの無料メルマガでご覧下さい。
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはFC2 Blog Ranking(←現在70位くらい)で。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.