雑記

カネヒキリ引退。種牡馬としては?

更新日:

当ブログでは相互リンクして頂けるサイトを募集中です。
コチラ(←クリック)をご覧ください。
スポニチによるとカネヒキリが左前脚屈腱炎で引退とのこと。
お疲れ様でした。
そしてこの馬の引退に関しては、スタッフの方にもご苦労様でしたと言いたい。
脚元の不安にさいなまされ、幹細胞移植といった先進的な治療を受けるなど、紆余曲折のあった同馬であるが、スタッフを馬と同じ位労いたいという気持ちも初めての経験である。
同じフジキセキ産駒のサンクラシークがドバイシーマクラシックを勝ったこともあり、海外で種牡馬入りして厚遇されればと思ってたが、2008年JCDや今年の帝王賞などこの馬には何回も驚かされた。
全盛期の栄光、ドバイへの挑戦、そして2度に渡る復活劇と、記録以外の部分の功績も大きい。
芝馬のような体型をしているが、ダートに適性があったのは繋の太さに要因があるだろう。
スマートな体型からも時計の速いダートの方がよかった。
今後種牡馬になれるようだが、サンデー系でマイナーな種牡馬も頑張っているため、成功する可能性があるかもしれない。
より父系のサンデーサイレンスの特徴を強調できるような血統と配合されれば、活躍馬が出る可能性も高まるか。
正直言ってかなり厳しい戦いになるとは思うが、父に似た産駒を期待したい。
そして出来ることなら、私に馬券をとらせて欲しい。。。。
セントウルSと京成杯AHの状態のいい馬は人気ブログランキング(←コチラ)で。
新潟2歳Sは人気ブログランキング(←コチラ)で状態を推奨したマイネルラクリマが2着と好走。
危険な人気馬に指名した新潟2歳S1番人気クリーンエコロジーも10着に。
携帯の方もOK。順位は60位くらいです。
PCの方は順位は左サイドバーでご確認ください。
FC2 Blog Ranking(←コチラ)も宜しくお願いいたします。

-雑記

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.