競馬 予想

オーシャンS回顧 次走くる馬こない馬

更新日:

1日1回のクリック協力をお願い出来れば幸いです。

にほんブログ村 トラコミュ 重賞・メインの予想へ
重賞・メインの予想

中山牝馬S出走馬で状態のいい馬は人気ブログランキング(←現在95位くらい)で。
フィリーズレビューのレース適性のある馬はFC2 Blog Ranking(←現在35位くらい)で。
弥生賞は無料メルマガで推奨した穴馬7番人気プレイが2着に激走!!
共同通信杯の穴馬ユニバーサルバンクが6番人気2着、きさらぎ賞8番人気2着リキサンマックス、東京新聞杯7番人気2着キングストリートも激走!!
先週、先々週と配信をお休みしましたが、これで配信した週は3週連続穴馬激走!!
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)
2つのメルマガを配信。広告のみの配信はほとんどしていません。

○ オーシャンS ダッシャーゴーゴー
2008年はペースが落ち着いているが、前半800mは33秒台での推移が基本。
スプリント戦らしく、後半よりも前半の時計の方が速くペースが上がりやすい。
2011年 ダッシャーゴーゴー 1.07.8  前半33.6 後半34.2
2010年 キンシャサノキセキ 1.09.8 (重) 前半33.4 後半36.4
2009年 アーバニティ 1.09.2 (やや重) 前半33.4 後半35.8
2008年 プレミアムボックス 1.08.9  前半34.1 後半34.8
2007年 アイルラヴァゲイン 1.08.2  前半33.5 後半34.7
2006年  ネイティヴハート 1.08.6 (やや重) 前半33.3 後半35.3
勝ったダッシャーゴーゴーは58キロの斤量を背負っていた点からも評価が必要で次走以降も有望といえる。
2着キンシャサノキセキはさらに重い59キロという斤量で、やはり斤量の差などを考えればほぼ互角のレースという評価が出来る。
この2頭に関しては次走高松宮記念で再度相まみえることになると思われるが、状態が明暗を分けると感じるためその点を有料メルマガでお届けしたい。
3着レッドスパーダも56キロという恵まれた斤量ではあったが、初めてつかわれる1200mで重賞レースをこの結果であれば評価をしてもいい。
さしてまぎれのない条件で、上位比較的平穏な結果になる可能性が高くほぼ順当におさまったが、やはり上位の馬と下位の馬では能力に差がある。
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはJRANK 競馬BLOG (←現在25位くらい)で。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.