穴馬 予想

エリザベス女王杯 考察 今週も穴馬を求めて

更新日:

エリザベス女王杯の穴馬候補はランキングで↓ただいま9位くらいです。
ランキングジャパン

今週はエリザベス女王杯。昨年は▲◎○で馬連3連単的中。
一昨年は無料で予想をして、カワカミプリンセスの降着により、安い馬券が9万馬券に化けたこのレース。
先週の調教の動きをみると下記のよう。

トールポピー     A  前走はまだいまひとつの状態であった。今週の動きは勢いを感じさせ、確実に上昇あり。
マイネレーツェル  A  弾むような動きで状態のよさを感じさせる。

レインダンス     A- フットワークはシャープだが、鞍上が抑えており、来週の動き次第ではより高い評価になる可能性も
エフティマイア    A- フォームなど動きの感じはいい。鞍上がセーブさせており、来週どれだけ動くかみもの。
レッドアゲート     A- 現時点でも力を出せる状態にある動き。
アルコセニョーラ   A- なかなか勢いとスピード感を感じさせる動き。

最もいいと感じた馬は割愛。本命馬にするか穴馬にするかをただいま検討中。
秋華賞からコースが変わってプラスになると感じるのはトールポピー。調教の動きもよかった。
前走秋華賞では1番人気であったが、状態がいまひとつであったため、有料メルマガでは馬連の対象から外した。

※下記は秋華賞時にお届けした考察
「桜花賞時に比べ、オークス時は張りが出て対抗に推した。
前走は2番人気であったが、状態に疑問を感じて馬連の対象から外した。
今回後肢を中心に全体的なボリュームは戻っている。
今週の調教の動きはよく、胸前にも張りが出ているが、この馬の最大の長所である皮膚の薄さが戻っていない点は気になるところ。
くわえて骨格が立派な部分や胴の長さから、そしてつなぎの角度が寝ている点から内回りのコースは微妙で、馬連は買いづらい。
馬券に絡むとすれば、追い込んで2着3着というイメージ。」

このレースは比較的とりやすいレースになり、有料メルマガの重賞データでは、その辺りの考察も丁寧にお伝えしていく予定。

携帯サイトではエリザベス女王杯のその他の情報、有料メルマガについてもお届けしています↓
携帯サイト「馬体診断&重賞データ」

有料メルマガの情報も一部期間限定でお届け中↓
「秋のG1穴馬と1000万馬券予想」(←クリック)

「競馬予想 馬体診断&競馬、重賞データで予想」←トップページへはこちらから

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.