競馬 予想

きさらぎ賞 予想 穴馬の傾向は?

更新日:

[きさらぎ賞 穴馬好走要因]

2011年8番人気2着リキサンマックス:メルマガで穴馬推奨した馬。調教の内容が抜群で穴馬として推奨した。逃げるレースをしたが、中盤のラップが12秒4、12秒5と緩んだことも好走要因。

2009年10番人気3着エンブリオ:あまり買いの材料がなかったが、近走2000mのレースで連敗も実績のある1800mへ距離が短縮されたことと、体重が増え続けており、マイナス6キロと絞れていたことが好走要因であった。

2008年8番人気1着レインボーペガサス:ダートで連勝していたため、侮られていたが芝でも2着あり、父もアグネスタキオンという血統。前走は2着に0秒4差をつける完勝で、上がり最速をマークし芝向きの決め手もみせていた。

2006年7番人気3着マイネルスケルツィ:上がりの速いよーいドンの競馬になった。前走ラジオNIKKEI杯2歳Sは9着と大敗もマイナス10キロとい
う体重から状態にも何らかの問題があったよう。その後のレースをみると、時計のかかる馬場で結果を残しており、開催末期の京都の馬場も合った。

2005年6番人気2着マキハタサーメット:3連勝中も1400mまでしか実績がなく、400mの距離延長と57キロが嫌われていた。しかし、前半
800m49秒1と極端に遅いペースになり逃げ粘るレースとなった。アドマイヤフジ、シンメイレグルスなど人気馬が揃って後方からのレースで脚を余す結果
に。

2002年6番人気1着メジロマイヤー:父サクラバクシンオーという血統から距離延長が嫌われた部分もあるが母の父が種牡馬として長距離で実績のあるサッ
カーボーイ。1枠1番に入って内から先行したことが好走要因。例年より出走馬のレベルも低く、人気の盲点となっていた部分もある。

重賞レースの穴馬は午前8時頃、上記のような考察とともに無料メルマガでお届けします。

昨年は穴馬に推したきさらぎ賞8番人気2着リキサンマックスを、東京新聞杯は7番人気2着キングストリートなどが激走!!

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.