宝塚記念15万馬券的中!!

Pocket

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」は、宝塚記念◎☆☆で馬連12900円6点、3連複157770円本線10点的中!!

6番人気ラブリーデイを本命に推し、人気のラキシス、ヌーヴォレコルト、ワンアンドオンリーを外し、勝負馬券の馬連の回収率は払戻均等で約850%ほどという結果。

また、3連複はゴールドシップを外して超高配当を狙い、穴馬に推奨した10番人気デニムアンドルビーが2着に、穴馬のパターンにも符合した11番人気ショウナンパンドラが3着に入り、15万馬券的中!!

[宝塚記念 推奨馬]

◎ ラブリーデイ
○ ゴールドシップ
▲ トーセンスターダム
△ ディアデラマドレ
× ラキシス
× ワンアンドオンリー
☆ ショウナンパンドラ
☆ デニムアンドルビー 
★ カレンミロティック

基本は馬連
◎→○ 本線1点
◎→▲△☆☆★ 穴5点

3連複
◎1頭軸→▲△☆☆★ 本線10点
◎×2頭軸→▲△☆☆★ 押さえ5点
◎×2頭軸→▲△☆☆★ 押さえ5点

※ 下記は有料メルマガでお届けしている考察の一部です。有料メルマガの配信ではさらに穴馬の見つけ方やパターン、馬体の見方、取捨の方法の考察、そして翌年以降も使えるデータなど、より馬券に直結する情報をお届けしています。

デニムアンドルビー

やや腰高でアンバランスな部分はあるが、母方のヌレイエフも背中の部分がくぼんだ背ったると呼ばれる体型で、母方の特徴が出ているのかもしれない。全体のボリュームがあって、鍛練により能力を引き出されている部分があり、松田国英厩舎の流れを汲む角居厩舎の馬らしいつくり。スケールの大きさはかなりのもので、以前よりG1で好走できるものを持っているとお伝えしてきた。

牡馬と走る混合戦で結果を残すタイプ。これまでオークス、秋華賞、エリザベス女王杯、ヴィクトリアマイルなどで凡走し、3歳時のジャパンカップであわやの2着と好走したのはそういった点が影響しているため。

距離は2000mから2400mがベストと感じたが、長距離が合う可能性もある。阪神大賞典で2着と好走した点から、スタミナを有していることを示したが、ステイヤーズSやアルゼンチン共和国杯のようにタフな条件が合うタイプかもしれない。流れは合う。不器用な面をのぞかせる可能性もあるが、今回の条件は合うはず。

近走で状態がよかったのは、天皇賞(秋)や阪神大賞典。今回は前走時よりも出来は上向いている。2着と好走した2013年のJC時と比較しても出来はいい。ラキシスやワンアンドオンリーといった馬と比べると、条件が合う点や状態から、現在の10番人気というオッズは買う価値がある。

ショウナンパンドラ

父ディープインパクト、母の父フレンチデピュティという血統であるが、全体のボリュームをみると母の父の影響が出ている。3歳時よりも胴が短くボリュームが増している印象であるが、より母方の特徴が出てきたよう。秋華賞時に重賞を勝てるだけのものはあり、G1実績馬に劣るものの、それ以外の馬には負けないとお伝えし、出来が非常によかった点とコース適性の面から本命に推した。

コースや脚質はあまり問わないタイプであるが、距離は1600mから2000mが合う。ある程度ペースが流れる条件の方がいい。ただ、距離延長は微妙な感じがある。エリザベス女王杯も秋華賞ほどの出来になかったが、距離が若干長く、レース適性では劣った点が敗因。今回はエリザベス女王杯ほどスタミナは要求されないが、坂もあまりよくない。

今回状態はいい。好走するには昨年のヴィルシーナのように展開の恩恵が必要となるが、今それほど前でレースをする馬がいない点や、ゴールドシップを警戒して、他の有力馬の仕掛けが遅れるようであれば、ペースの落ち着きを利すという結果をもあるか。

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でも、2けた人気の馬の考察など、有料メルマガの情報を一部お届けしています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA