天皇賞 秋

天皇賞秋 2019 予想 人気上位の馬体は?

更新日:

2019年天皇賞(秋)の穴馬候補をランキングの備考欄へ更新。

←200位くらい

[最強]競馬ブログランキングへ←80位くらい

※ 菊花賞穴馬候補8番人気サトノルークスが2着に。

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は馬体を中心とした天皇賞(秋)人気上位の考察をお届けします。

先週は、災害支援の募金をお願いさせて頂くため、お付き合いのある方へ菊花賞無料穴馬としてお届けさせて頂いた8番人気サトノルークスが2着と好走。

的中報告(←こちら)ならびに寄付のご協力ありがとうございました。

穴馬がお役に立っていれば、コンビニの募金箱や少額でもかまいませんので、引き続き募金のご協力をよろしくお願いいたします。

※ 下記はメルマガやTwitterなどでお届けさせて頂いた無料穴馬

菊花賞 8番人気2着 サトノルークス
富士S 9番人気2着 フロンテアクイーン
小倉記念 6番人気2着 カデナ
中京記念 6番人気2着 クリノガウディー
マーメイドS 7番人気1着 サラス
エプソムカップ 7番人気2着 サラキア
京都新聞杯 11番人気1着 レッドジェニアル
アーリントンカップ 7番人気2着 カテドラル
阪神牝馬S 9番人気3着 ミエノサクシード
ダービー卿CT 7番人気3着 マイスタイル
中山牝馬S 5番人気1着 フロンテアクイーン
弥生賞 8番人気1着 メイショウテンゲン
チューリップ賞 7番人気3着 ノーブルスコア
オーシャンS穴馬 7番人気3着 ダイメイフジ
きさらぎ賞 7番人気3着 ランスオプラーナ
愛知杯 8番人気1着 ワンブレアウェイ

次回の無料穴馬配信は、無料メルマガ(←クリック)でレース当日か前日にスワンSの穴馬をお届けさせて頂きます。

天皇賞(秋)の馬体考察、天皇賞(秋)調教推奨馬もお届けしています。

 

※ 下記は無料メルマガ(←クリック)でお届けした考察の一部

[天皇賞(秋) 2019 馬体考察]

アーモンドアイ

春の時点では、キングカメハメハ産駒のアパパネにフォルムが似ており、父の父キングカメハメハの影響が出ていると感じた。

スピードタイプと考え、首の高い走法からも距離に限界があると判断したが誤りであった。

ひと夏を越して3歳秋を迎えて決め手に特化したつくりに変化していた。

2400mのジャパンカップやオークスを勝っているが、走法に硬さがある点から決して2400mがベストの距離ではない。

過去同じように休み明けで臨んだ一流牝馬をみると、2014年、2013年にジェンティルドンナが2着に敗れており、2011年ブエナビスタも4着と崩れる結果となっている。

2400mに対応できるほどのスタミナがあり、道悪も問題ないと思われ、条件は合う。

 

ワグネリアン

胴が長くボリュームがある体型で、父ディープインパクトの影響が出ている。

これだけ筋肉量があればシュッと切れるという感じではなく、ダービーで先行したように前でレースをつくることも可能。ゆったりしたフットワークから直線が長いコースの方が合う。

フットワークがゆったりしているため道悪はあまりよくなく、蹄の形を見ても同様の印象。

やや重の皐月賞でのパフォーマンスがよくなく、敗因がいまひとつ不明瞭であった点からも馬場の悪化があれば信頼度が下がる。

大阪杯では展開の恩恵を受けてアルアイン、キセキが上位に入ったが、スローペースで推移したが後方からレースを進めて3着を確保する内容のあるレースをしている。

札幌記念で4着に敗れているが、落鉄が影響しており、巻き返す可能性はある。

 

サートゥルナーリア

半兄リオンディーズと弥生賞時の体型と似たフォルムをしているが、リオンディーズもこの馬と同じキングカメハメハの系統に属する形になる。

ただ、キングカメハメハの影響はそれほど感じさせず、ともに母方の影響が出ていると思われる。

今後は日本のG1でも結果を残すだろうが、リアルスティールやヴィブロスなどのように海外のレースで結果を残していく可能性がある。

ボリューム、骨格、手脚や同の長さなど偏った部分がない。スピード、パワー、瞬発力いずれのベクトルにも傾いていないが、高いレベルで兼ね備えている印象。

能力などから高い評価が必要となる。

 

ダノンプレミアム

ボリュームのある体型は母方のデインヒルの影響が出ている。

2000mまでは守備範囲と感じたが、コースはそれほど問わないはず。

ダービーで1番人気を背負い敗れているが、2400mという距離は確実に長く、かなりのリスクがある存在であったため、評価を大きく割り引いた。

3歳時にサウジアラビアロイヤルカップを勝った後、馬体写真を確認した際、古馬重賞を複数勝てるだけの素質はあると感じたが、同じディープインパクト産駒のマイラーであるサトノアラジンまでの能力は感じなかった。

しかし、朝日杯FSを1分33秒3という速い時計で勝利しており、かなり優秀な内容であった。

前有利の馬場やペースであれば浮上しえる。

 

アエロリット

3歳時の馬体を見ると、やや丸みを帯びたフォルムで、薄手な体型をしており、首の高い点は同じネオユニヴァース産駒のフォーエバーモアとイメージが似ていた。

首の高さと肩の角度から距離に限界があり、フォーエバーモアと同様により短い距離へシフトチェンジしていき1600m以下の方が信頼できると考えた。

5歳秋を迎えてまたタイプが変わっている。

かつてダイワメジャーが5歳秋を迎えて瞬発力を兼ね備えたタイプに変化してG1レースを連勝したが、現在のつくりであれば、春までのように飛ばして逃げるよりも先行して抜け出すレースの方が合うはず。

そういったレースをすれば条件次第では2000mも対応可能。

 

スワーヴリチャード

父ハーツクライと同じようにかなり晩成タイプの馬で、3歳から古馬になり適応できる条件が変わっている。

古馬になってからは下半身の筋肉量が増しており、前でのレースが出来るようになっている。

かつてブエナビスタなども似たような成長をみせ、先行して自分でレースをつくることが出来るようになった。

2歳時にデビュー前の馬体写真を見た際は、全体のバランスに破たんはないものの重賞まではどうかと感じた。

しかし、東スポ杯2歳のレースをみると、非常にしなやかな走法をしており、スケールを感じさせた。

近走のレースを見ると、ドバイシーマクラシックは3着に敗れたが、2400mが微妙に長かったかもしれない。

宝塚記念は離される結果になったが、より決め手のある勝ち馬リスグラシューに前でレースをされており、2着キセキにも展開の恩恵があっため仕方ない面がある。

 

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

無料メルマガでは無料穴馬、調教推奨馬にくわえ、人気薄出走馬の考察をお届けしています。

(波乱がなさそうな場合は、無料穴馬のお届けをお休みさせて頂きます。)

-天皇賞 秋
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.