天皇賞 秋 穴馬 予想

天皇賞(秋) 2018 予想 馬体診断考察

投稿日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

菊花賞はレース前に時間があったので、Twitter(←フォローお返ししています)で出走馬の情報をお届けしました。

時間があれば天皇賞(秋)も情報をつぶやいていきます。

Twitterへ読者の方から穴馬の的中報告(←こちら)を頂戴しました。

的中報告を送って頂いた方へお礼を申し上げます。ありがとうございました。

重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←クリック)でお届けします。

 

[天皇賞(秋) 2018 出走馬考察]

マカヒキ

ディープインパクト産駒であるが、CBC賞などを勝ち、スプリント路線で活躍しているウリウリの全弟。姉は薄手な体型でスプリント的な体型をしていないが、首が高く、気性的な面が距離適性に影響を与えている面もあったよう。

ダービーでじゃ2400mも問題ないと感じさせ、東京も合うと考え本命に推した。しかし姉のウリウリも徐々に短距離タイプにシフトしていったが、古馬になり徐々に母方の影響が出てきたよう。天皇賞(秋)の東京芝2000mという条件は合う。

現5歳世代に関してはダービーの時点から、層こそ厚いものの飛びぬけて強いわけではなく、3歳春に最強世代と呼ばれていたが、過剰評価であるとお伝えしてきた。どれだけ3歳時の勢いを取り戻すことが出来ているかがカギ。

 

アルアイン

ディープインパクト産駒としては異色のタイプで。骨格がしっかりしており、体重が520キロ近くあるい大型馬でパワーも兼ね備えている点から、母方の影響が出ている。

同様のタイプの馬はリアルインパクトを除けば、サトノラーゼンなど、父のよさが生きない点や瞬発力や決め手で勝負をするタイプでない点からか、継続して結果を残すことが出来ていない。

ディーマジェスティなどもパワーがありタフな条件が合う馬であったが、セントライト記念以降結果を残すことが出来なかった。

天皇賞(秋)の東京芝2000mという条件だが、距離に関してはベスト。ペースが落ち着く可能性がかなりある点は気になるところ。

 

サングレーザー

スワンS時に初めて馬体を見た際、普通に走るディープインパクト産駒というイメージをもった。ただ、スワンSの予想においてG1では厳しいだろうが、重賞を勝てる素質はあるとお伝えし、マイルCS時に馬体を見ても印象は変わらなかった。

スワンS時にデビュー前の馬体写真を確認した際、短距離馬という印象を受けなかったが、マイルCS時に始めて馬体を見た際は、1600m以下の方がいいように感じた。

札幌記念では本命に推したが、体型の変化があり、フットワークにも影響を及ぼしている可能性はあるが、やはり1600mから2000m辺りに本質があるように感じた。天皇賞(秋)の東京芝2000mという条件は合う。

 

人気ブログランキングのランキング順位が上がっていれば、今後も特別な情報をお届けさせて頂きます。

閲覧時に1回クリックをお願いします。(1日に2回以上クリックされても反映されません。)

 

菊花賞はLINEでお届けした調教推奨馬フィエールマンが勝利。

秋華賞はミッキーチャーム、カンタービレの2頭が馬券に。

天皇賞(秋)調教推奨馬はLINEでお届けしました。

無料メルマガ、LINEとも広告のみの配信はほとんどありません。

-天皇賞 秋, 穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.