シンザン記念 予想 穴馬 予想

シンザン記念 2021 穴馬は!?人気薄馬体診断考察 穴馬の特徴

投稿日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2021年シンザン記念人気薄出走馬の馬体診断考察、買い材料をお届けします。

シンザン記念の穴馬探しの参考となれば幸いです。

シンザン記念で過去人気薄で走った馬の特徴をお届けします。

先週の京都金杯は調教推奨馬2頭、12番人気1着ケイデンスコール、2着ピースワンパラディで決着。

 

調教推奨馬に関してはLINEをご覧ください。

シンザン記念で波乱がありそうな場合は無料メルマガ(←クリック)とLINEで無料穴馬もお届けします。

 

 

 

シンザン記念 2021 人気薄の買い材料 馬体診断考察

ピクシーナイト

馬体を見ると、父モーリスよりも母の父キングヘイローの影響が出ている。

オープンや、条件が限定されるが重賞でも通用する素材。

このメンバーであれば素質的にやれる。

前走秋明菊賞は3着に敗れているが出遅れが響いた。そこから上がり最速をマークして3着まで盛り返しており軽率に見限ることはできない。

 

セラフィナイト

全体的にやや体高がありながら丸みを帯びたフォルムで、ルーラーシップ産駒によくみられるシルエット。どちらかというと父の影響が出ていると思われる。

デビュー前の馬体を見る限り重賞でやれておかしくない素材。

 

ファルヴォーレ

父ドゥラメンテ、母の父アドマイヤムーンという組み合わせでミスタープロスペクターのクロスがあるが、その点が影響しているためか、いずれの影響が出ているか微妙で、似たイメージは感じられない。

新潟2歳Sで10番人気という評価であったが、馬体に素質を感じさせたため自信の穴馬に推した。4着と惜しいレースであったが決め手で劣った。

距離は1400mの方が合い、距離に不安があるが、前走勝利した1勝クラスの内容は悪くなかった。

 

ブルーシンフォニー

上半身と下半身のボリュームや傾斜角度を見ると母の父デインヒルの影響が出ている。マイルに本質がある。

新潟2歳Sでは先行したが、本来決め手を生かすレースが合い、持ち味を生かすことが出来ればパフォーマンスを上げる可能性はある。

 

ワザモノ

距離はもって1600mまでで、1400m以下に本質がある。

直線が長いコースのマイル戦はスタミナが要求されるため条件的に合わないが、3歳戦など早い時期であれば対応できる。

前走1勝クラスのひいらぎ賞で2着に敗れているが、勝ち馬のシュネルマイスターの馬体を見ると、別定戦の重賞を勝てる素材で、相手が悪かった。

 

シンザン記念 穴馬の特徴

2016年8番人気1着ロジクライ:有料メルマガで自信の穴馬推奨。京都にコースが変わって好走。前走千両賞は直線で最内を突こうとしたが、上手く割ることが出来なかったが、まだ見限ることが出来なかった。

2012年9番人気2着マイネルアトラクト:有料メルマガにて自信の穴馬推奨。前走千両賞で4着と敗れているが、プラス12キロと体重が増えていたがその影響があった。全体的に破たんがなく、重賞でも好走出来るだけの素質を有していた。

2011年7番人気1着レッドデイヴィス:前走500万条件で1位入線するも降着。2位入線に0秒1差をつける完勝で盲点となっていた。2着3着は後方からの競馬で、道中での位置取りが0秒2という差になった。

2010年9番人気2着シャイン:有料メルマガにて自信の穴馬推奨。中京2歳S勝ちがあるにもかかわらず、何故か人気がなかった。馬体をみても重賞好走レベルの素質と完成度があり距離延長も問題なかった。人気の盲点。

2009年10番人気3着トップカミング:前走の500m万条件3着までしか実績がなかったが、前走はプラス10キロと体重が増えていた。1400mまでしか出走がなかったが、馬体やその後の結果をみても距離延長がプラスとなり、展開の恩恵もあった。

2009年12番人気2着ダブルウェッジ:前走での500万条件2着という実績しかなかったが、マイナス体重。前走減っていた体重が戻っていたことも好走の要因。1200mしか出走なく距離延長も嫌われたが、血統的に守備範囲であった。

2008年5番人気2着ドリームガードナー:前走朝日杯FSで敗れるも後方からのレースで脚を余す形。前半800m46秒2とペースが上がったことが好走の要因で、ベゴニア賞勝利と実績もあった。

2006年6番人気2着グロリアスウィーク:前走敗れているが、前々走で黄菊賞を勝利。ペースが落ち着いて展開の恩恵があったことが好走の要因。

 

シンザン記念 消えた人気馬の特徴

※ 下記はシンザン記念で人気を裏切った馬。(有料メルマガでは人気を裏切ったパターンをお届けしています。)

2016年

1番人気14着ピースマインド:距離が忙しかった。

3番人気4着アストラエンブレム:良化の余地を残していた。

4番人気13着ラルク:完成度が低かった。

5番人気9着ショウナンアヴィド:体重が増えていた。

2015年

1番人気4着ダッシングブレイズ:惜しいレースも、このレース時点で能力が足りなかった。

4番人気5着レンイングランド:

5番人気クイーンズターフ:道中ポジションを下げており、アクシデントか。

2014年

4番人気4着ワイレアワヒネ:レース中に故障していたよう。

3番人気5着モーリス:

2013年

2番人気4着カオスモス…

4番人気5着レッドアリオン…マイナス10キロと体重が大幅に減っていた。

5番人気10着アグネスキズナ…

2012年

1番人気4着トウケイヘイロー…

3番人気7着オリービン…

4番人気12着グラーネ…体重が10キロ増えていた。

5番人気14着ピュアソウル…気性的な難しさをみせていた。

2011年

1番人気5着ドナウブルー…

2番人気4着アドマイヤサガス…上位3頭(レッドデイヴィス、オルフェーヴル、マルセリーナ)が強すぎた。

4番人気12着シゲルソウサイ…

2010年

1番人気11着ピサノユリシーズ…その後未勝利に終わり、過大評価されていた。

2番人気10着キョウエイアシュラ…

3番人気13着メイショウカンパク…

5番人気7着エーシンホワイティ…1200mまでしか実績なかった。

2009年

1番人気4着ミッキーパンプキン…

3番人気10着モエレエキスパート…3か月ぶりのレースが響いた。

4番人気5着タキオンクール…血統的に過大評価されたよう。

 

 

-シンザン記念 予想, 穴馬 予想
-, , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.