穴馬 予想

シンザン記念 2019 穴馬の特徴と穴馬候補

更新日:

2019年シンザン記念の穴馬候補をランキングへ更新。

順位は90位くらい

順位は40位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回はシンザン記念で過去人気薄で走った馬の特徴と、2019年のシンザン記念出走馬でそれに符合する馬をお届けします。

「有料穴馬」は依然好調。

阪神カップ 12番人気3着 スターオブペルシャ
カペラS 11番人気2着 サイタスリーレッド
京阪杯 12番人気2着 ナインテイルズ
東京スポーツ杯2歳S 7番人気2着 アラガス
武蔵野S 7番人気2着 クインズサターン
デイリー杯2歳S 6番人気2着 メイショウショウブ
アルゼンチン共和国杯 11番人気3着 マコトガラハッド
セントウルS 7番人気3着 グレイトチャーター
小倉2歳S 13番人気2着 アズマヘリテージ
新潟2歳S 8番人気3着 スティルネス
レパードS 9番人気3着 ビッグスモーキー
アイビスSD 8番人気3着 ナインテイルズ
七夕賞 11番人気1着 メドウラーク
CBC賞 9番人気2着 ナガラフラワー

シンザン記念で波乱がありそうな場合は無料メルマガ(←クリック)とLINEで無料穴馬もお届けします。

無料メルマガ(←クリック)ではシンザン記念の調教推奨馬、シンザン記念の馬体診断考察、シンザン記念の人気薄の取捨のポイントなどもお届けします。

 

[シンザン記念 穴馬の特徴]

○ 2018年シンザン記念:7番人気2着ツヅミモン

ペースが落ち着いて前有利の流れとなり、やや重であったが時計のかかる馬場も追い風となったか。


○ 2017年シンザン記念:8番人気1着キョウヘイ

距離に限界はあるつくりでマイルが合った。馬場の悪化があり、ペースが上がって決め手が生きる条件になったことが追い風に。

特徴の似た2019年シンザン記念出走馬をの備考欄へ更新。順位は90位くらい。

予想オッズでは超人気薄。初勝利を挙げた際の内容は申し分なかった。ペースが上がれば浮上しえる。道悪であればなおいい。

○ 2016年シンザン記念:8番人気1着ロジクライ

有料メルマガで自信の穴馬推奨。前走は阪神のレースで敗れていたが、前々走初勝利を京都で挙げており、京都にコースが変わってパフォーマンスを上げた。

○ 2016年シンザン記念:11番人気3着シゲルノコギリザメ

連勝中であったが、1200mまでしか実績がなく、血統な存在であったため人気がなかった。

○ 2015年シンザン記念:9番人気2着ロードフェリーチェ

デビュー戦では、上がり最速をマークして2着に0秒2差をつける完勝。外枠決着となったが、その点も大きく作用した。

特徴の似た2019年シンザン記念出走馬をの備考欄へ更新。順位は40位くらい。

決め手があるタイプで条件は申し分ない。前走勝利しており底をみせていない点も魅力。

○ 2014年シンザン記念:10番人気2着メイショウアカツキ

午前中のダートは道悪で行われており、1分36秒3と時計のかかる馬場であったが、差しが利く馬場で、タフな条件となったことが追い風に。

○ 2013年シンザン記念:9番人気2着ヘミングウェイ

初勝利を挙げるまで5戦を要したが、それまではいずれも2着。敗れていた馬もテイエムイナズマ、レッドアリオンなど骨っぽい馬であった。

○ 2012年シンザン記念:9番人気2着マイネルアトラクト

有料メルマガにて自信の穴馬推奨。前走千両賞で4着と敗れているが、プラス12キロと体重が増えていたがその影響があった。全体的に破たんがなく、重賞でも好走出来るだけの素質を有していた。

○ 2011年シンザン記念:7番人気1着レッドディヴィス

前走500万条件で1位入線するも降着。2位入線に0秒1差をつける完勝で盲点となっていた。2着3着は後方からの競馬で、道中での位置取りが0秒2という差になった。

○ 2010年シンザン記念:9番人気2着シャイン

有料メルマガにて自信の穴馬推奨。中京2歳S勝ちがあるが何故か人気がなかったが、馬体をみても重賞好走レベルの素質と完成度があり距離延長も問題なかった。人気の盲点。

○ 2009年シンザン記念:10番人気3着トップカミング

前走の500m万条件3着までしか実績がなかったが、前走はプラス10キロと体重が増えていた。1400mまでしか出走がなかったが、馬体やその後の結果をみても距離延長がプラスとなり、展開の恩恵もあった。

○ 2009年シンザン記念:12番人気2着ダブルウェッジ

前走での500万条件2着という実績しかなかったが、マイナス体重。前走減っていた体重が戻っていたことも好走の要因。1200mしか出走なく距離延長も嫌われたが、血統的に守備範囲であった。

○ 2008年シンザン記念:5番人気2着ドリームガードナー

前走朝日杯FSで敗れるも後方からのレースで脚を余す形。前半800m46秒2とペースが上がったことが好走の要因で、ベゴニア賞勝利と実績もあった。

○ 2006年シンザン記念:6番人気2着グロリアスウィーク

前走敗れているが、前々走で黄菊賞を勝利。ペースが落ち着いて展開の恩恵があったことが好走の要因。

-穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.