シルクロードステークス 予想

シルクロードステークス 2020 予想 穴馬は?人気薄馬体考察と買い材料

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回はシルクロードステークスの人気薄出走馬の馬体考察と買い材料をお届けします。

シルクロードステークスの穴馬探しの参考となれば幸いです。

先々週は有料穴馬でお届けした穴馬が2頭激走。

日経新春杯は11番人気エーティーラッセンが3着に。京成杯は7番人気クリスタルブラックが1着という結果。

先週のAJC杯と東海Sはともに1~5番人気の馬で決着する非常に堅いレースとなり、先週は穴馬の出番はありませんでした。

今週は根岸ステークスとシルクロードステークスの2重賞。

過去根岸ステークスで穴馬に推したのは、2013年10番人気3着セイクリムズンのみ。

シルクロードステークスは有料メルマガで下記の馬を穴馬推奨。

2019年12番人気3着ティーハーフ:穴馬推奨

2018年15番人気3着フミノムーン:穴馬推奨

2013年11番人気3着メイショウデイム:自信の穴馬推奨

2009年7番人気1着アーバンストリート:穴馬推奨

シルクロードステークスは毎年波乱含みのため面白いレースになると思います。

波乱がありそうな場合は、無料メルマガ(←クリック)で無料穴馬をお届けします。

無料穴馬はシンザン記念9番人気着コルテジア、中日新聞杯は8番人気1着サトノガーネットを推奨。

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

無料メルマガは2006年創刊、読者数3000人以上。

無料メルマガ(←クリック)では調教推奨馬もお届けしています。

愛知杯は11番人気レイホーロマンスが3着と好走。

先週の調教推奨馬は東海Sヴェンジェンスが2着に。

AJC杯8番人気サトノクロニクルは5着に終わりましたが、前でレースをしていれば馬券圏内があったと思います。

 

[シルクロードステークス 2020 人気薄出走馬馬体考察と買い材料]

ティーハーフ

父ストーミングホームがアメリカの大種牡馬であるミスタープロスペクターの強いクロスを持っている。

かつてこのクロスを持つ馬はダート色が強い馬が多かったが、近年は芝の活躍馬も目立つ。

ミスタープロスペクターの特徴が強く出ているものと思われ、パワーが要求される条件が合う。

2019年初戦の淀短距離Sでは1月のレースで59キロを背負いながら3着と好走しており驚かされた。

次走のシルクロードSでは12番人気で3着と好走したが、展開次第で好走があると考えて穴馬に推した。

高松宮記念でも5着と善戦している。

その後長期休養を挟んだが、10歳ということもありやはり能力的な衰えがないかがポイントとなる。

 

ダイメイプリンセス

胴長な点や上半身のつくりなどは同じキングヘイロー産駒のローレルゲレイロやシャイニープリンスと似ている。

9番人気で勝利した2019年の北九州記念では過去の穴馬の特徴に符合する点からも自信の穴馬に推した。

セントウルSは不甲斐ない結果に終わったが、スプリンターズSでも不利な状況でありながら勝ち馬と0秒4差というレースをしている。

5歳時と比べると成長しており、能力的に完成の域に達しておりピークの状況。

 

セイウンコウセイ

丸みを帯びた身体のラインやボリューム、肩と腰の傾斜が立ったフォルムなど、父アドマイヤムーンの影響というよりもアドマイヤムーン産駒に多い特徴を感じさせる。

父の現役時代と異なり、その産駒はファインニードルなどスプリント戦に適性を見せる馬が多いが、この馬もご多分に漏れず1200m近辺に適性がある。1200mであればコースはそれほど問わないはず。

2019年の高松宮記念では凡走が続いていたため12番人気と評価が低かったが、状態も申し分なかった点から穴馬に推したが2着と好走。

CBC賞で逃げて3着にとどまっているが、馬場の悪化を考えるとそれほど速いペースでなかった。ただ、トップハンデの58キロを背負っていたことを考えると悪い内容でなかった。

今回、衰えがないかという点と休み明けで状態面がポイントになるが、近走のレース内容を見る限りまだ見限ることが出来ない。

 

ビップライブリー

マイルG1で活躍していたダノンヨーヨーの半弟で、叔父に菊花賞馬ナリタトップロードがいる血統。デビュー前の馬体を見ると、骨格は父ダイワメジャーの影響を感じさせ、坂のあるコースも問題ない。

昨秋のオーロカップは休み明けで、京阪杯は外枠が響いた。13番人気で3着と好走したタンザナイトSは侮られすぎていた。

ペースが緩く展開の恩恵があったが、2019年に春雷Sを勝っている。

その後結果が出ていないが、レース内容や2019年の春に結果を残しておりそこからの期間を考える限りまだ終わった感はない。

 

ラブカンプー

腰高なつくりをしているが、一本調子のスピードで勝負をするタイプ。

過去の活躍馬で言うと、サンアディユやアンバルブライベンなど何故か牝馬のスプリンターに似たタイプが多く、牡馬で同じタイプの活躍馬はあまり記憶にない。

スプリンターズSでは前有利の流れではあったが2着と好走しており、想定以上の資質を有していた。

その後結果を残すことが出来ていないが不調に陥っている。調教の内容がよく復調の兆しであればあるいは。

 

ペイシャフェリシタ

短い距離で結果を残しているが、ボリュームや筋肉量のある短距離馬らしい体型ではない。

父ハーツクライよりも母方のグリーンデザートなどの影響が出ている。

体調の変動が少なく、比較的安定して結果を残すことが出来るタイプ。

2020年初戦のカーバンクルSでは牝馬で55キロを背負いながら2着と好走しており、ハンデ重賞で何らかの外的な要因が追い風となればまだ通用しえる。

 

ハッピーアワー

父ハービンジャー、母の父ディープインパクトとという距離が延びていい血統だが、短い距離で結果を残している。

骨格をみるとややパワーにベクトルが傾いており、父ハービンジャーの影響が出ている。

血統的な共通点はないが、3歳時のミスターメロディと馬体のフォルムが似ており得意条件やタイプなどのイメージが重なる。

今回レースをつかわれている点は大きなアドバンテージ。ファルコンS後もそこまで悪いパフォーマンスを残していない。

 

[重賞レース 無料穴馬]

無料穴馬は、無料メルマガ(←クリック)やTwitter(←アカウント)のフォロワーでお付き合いのある方などへお届けしています。

※ 下記は無料でお届けさせて頂いた穴馬。一部は特定の方のみ。

シンザン記念 9番人気3着 コルテジア
中日新聞杯 8番人気1着 サトノガーネット
京阪杯 7番人気3着 カラクレナイ
アルゼンチン共和国杯 5番人気2着 タイセイトレイル
菊花賞 8番人気2着 サトノルークス
富士S 9番人気2着 フロンテアクイーン
小倉記念 6番人気2着 カデナ
中京記念 6番人気2着 クリノガウディー
マーメイドS 7番人気1着 サラス
エプソムカップ 7番人気2着 サラキア
京都新聞杯 11番人気1着 レッドジェニアル
アーリントンカップ 7番人気2着 カテドラル
阪神牝馬S 9番人気3着 ミエノサクシード
ダービー卿CT 7番人気3着 マイスタイル
中山牝馬S 5番人気1着 フロンテアクイーン
弥生賞 8番人気1着 メイショウテンゲン
チューリップ賞 7番人気3着 ノーブルスコア
オーシャンS穴馬 7番人気3着 ダイメイフジ
きさらぎ賞 7番人気3着 ランスオプラーナ
愛知杯 8番人気1着 ワンブレアウェイ

無料メルマガでは無料穴馬、調教推奨馬にくわえ、人気薄出走馬の考察をお届けしています。

(波乱がなさそうな場合は、無料穴馬のお届けをお休みさせて頂きます。)

-シルクロードステークス 予想
-, , , , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.