穴馬 予想

札幌2歳ステークス 2けた人気穴馬候補と穴馬の特徴

更新日:

期間限定で札幌2歳ステークスの2けた人気穴馬候補をブログランキングへ更新。

の備考欄。順位は140位くらい。

距離延長に対応できれば好走の可能性あり。人気上位との比較次第で押さえたい。

の備考欄。順位は60位くらい。

前走の内容は悪くなかった。それだけにここから人気が上がるかもしれないが、予想オッズは評価がかなり低い。この人気のままなら。

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は過去札幌2歳ステークスで人気薄で走った穴馬の特徴をお届けします。

恐縮ですが、札幌2歳ステークスの穴馬候補はランキングでご覧ください。

新潟2歳SはLINE無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」でお届けした無料穴馬8番人気スティルネスが3着に。

調教推奨馬は新潟2歳Sでケイデンスコールが勝利し、キーンランドカップは9番人気ペイシャフェリシタが3着と好走。

読者の方から穴馬の的中報告(←こちら)を頂戴しました。

心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

Twitterではダラダラつぶやいています。フォローお返ししています。

無料メルマガで穴馬や調教推奨馬が配信されない場合があるため、LINEも登録しておいてください。

 

[札幌2歳ステークス 穴馬の特徴]

2016年10番人気2着ブラックオニキス:前走クローバー賞を勝っており、能力の裏付けがあったが何故か人気がなかった。

2015年8番人気3着クロコスミア:やや重で行われたが、馬場が悪化したレースで勝利しており、問題なかった。

2014年11番人気2着マイネルシュバリエ:前走ペースが落ち着く中を逃げていたこともあり完勝したが、体型を見ると小回りコースが合い、条件が合ったことにくわえ、体調もよかったよう。

2007年7番人気1着オリエンタルロック:調教でA+評価としたが出来のよさが好走の要因。上がりが12.3-12.7-12.9と尻上がりに速くなる厳しい流れで、後方からレースをすすめており展開もはまった。

2007年13番人気3着ホウザン:1200mのレースで結果を残しており、1800mという距離が嫌われたが、父タイキシャトルという血統もありさして問題なかったよう。前半800m61秒6とペースが落ち着いたが、そこからペースが上がり、後方から4コーナーで2番手まで押し上げてまくるレースで鞍上の好判断が好走の要因か。

2003年10番人気1着モエレエスポワール:前半1000m1分5秒9と、異常に遅いペースで推移する中を逃げたが、展開の恩恵を最大限に受け、いったいったのレースになった。

 

上記の穴馬のパターンに符合する馬をの備考欄へ更新。順位は140位くらい。

 

札幌2歳ステークスの過去の傾向と危険な人気馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」でお届けします。

登録時に前回配信分が届きます。早めにご登録ください。

 

有料穴馬(←こちら)ではより好走の可能性が高い穴馬をお届けしています。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.