ローズステークス 予想 穴馬 予想

ローズステークス 2019 予想 穴馬の特徴と穴馬候補

更新日:

2019年ローズステークス出走馬で穴馬の特徴に符合した馬、2019年ローズステークス穴馬候補をランキングの備考欄へ更新。

←300位くらい

[最強]競馬ブログランキングへ←120位くらい

 

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

先週の京成杯AHはLINE無料メルマガ(←クリック)でお届けした調教推奨馬トロワゼトワルが勝利。

 

※ 下記は配信でお届けした内容

[調教推奨馬]

○ 京成杯AH

トロワゼトワル:しまいまで伸び切っており水準以上の内容。

○ セントウルS

アンヴァル:一杯に追われそれに応える動き。

 

ローズステークス、セントライト記念の無料穴馬は、無料メルマガ(←クリック)とLINEで前日22時頃もしくは当日8時配信予定。

調教推奨馬は木曜夜配信予定です。

無料メルマガ(←クリック)では京成杯AH10番人気3着ジャンダルム、セントウルS7番人気2着ファンジストの考察をお届けさせて頂きました。

※ 下記は配信でお届けした内容

ファンタジスト

同じロードカナロア産駒のダノンスマッシュと似た体型をしており、父の影響が出ているよう。

この馬は1400m以下の方が合う。

小倉2歳S時も素質を評価したが、朝日杯FS時の完成度では、ダノンスマッシュよりもこの馬の方が上であった。

スプリングSでは、前半1000m60秒0とペースが落ち着いたが、後方か上がり最速をマークして2着に食い込んでおり、内容のあるレースをしているが、その点からも能力的な裏付けがある。

カイザーメランジェ

ら距離は短い方がよく、1400mよりも1200mの方が合う。

4歳とまだ若く軌道に乗ってきた可能性もある。

今後成長がないようであれば、別定戦の重賞で好走するには何らかの要因が必要。

キーンランドカップはペースが上がり、展開が向かなかった。巻き返す可能性はある。

ペイシャフェリシタ

スピードがあるというよりも、距離に限界を感じさせる体型で、短い距離に適性がある。

父ハーツクライよりも母方のグリーンデザートなどの影響が出ているよう。

代謝がいいタイプで、比較的安定して結果を残していたのはそのためか。

全体のバランスはあまりよくなく、スピードの絶対値もまずまずであるため、馬体を見る限り別定戦の重賞では枠や展開の恩恵がないと好走は難しいように感じるとお伝えしてきた。

2018年暮れのカーバンクルSでは勝ち馬と0秒3差の4着に敗れているが、夏以来のレースであった。勝ち馬の方が斤量が2キロ軽く、上位3頭は展開の恩恵があったが、休み明けを考えると、勝ち馬と同等の内容と言える。

2019年初戦のシルクロードSでは4コーナーで馬群に包まれて後方に置かれていたが、位置取りがあまりにも悪すぎた。最後まで伸びていたが、ロスのないレースをしていれば際どかったかもしれない。

衰えはあるが、実力上位に後方からレースをする馬が多く、それらがけん制し合って展開が向けば。

ラブカンプー

一本調子のスピードで勝負をするタイプ。

過去の活躍馬で言うと、サンアディユやアンバルブライベンなど何故か牝馬のスプリンターに似たタイプが多く、牡馬で同じタイプの活躍馬はあまり記憶にない。

さして馬体を評価してこなかったが、いいエンジンを持っていると思われる。

スプリンターズSでは前有利の流れではあったが2着と好走しており、想定以上の資質を有していたと考えたい。

アイビスSDでは、間隔が空いていたことの影響もあるかもしれないが、最下位と崩れる結果に。

北九州記念では2番手を追走したが、展開的に厳しかった。たたき3走目で走り頃ではある。

モーニン

母の父はフォーティナイナー系になるが、父方のヘネシーなどの影響が出ていると思われるつくり。

ボリュームや丸みのある体型からスピードタイプに出ており、距離はマイルがベストか。

そこまで頑健なつくりではないため、芝で結果を残してもおかしくはない。

2016年の根岸S時に初めて馬体を見た際、重賞を複数勝てる素質はあるとお伝えした。

芝で新味を出すかもしれないが、能力の衰えがなければ。

キングハート

ボリュームのある体型で、肩の角度が立っており、距離は1200mがベストで、1400mでも長いかもしれない。骨格が頑健で、母の父マイネルラブの影響が出ていると思われる。

馬体を見ると脚質はそれほど問うタイプのように見受けられない。

6歳という年齢で一般的には老け込むには早い年齢。前々走オープンで勝ち馬と0秒3差のレースをしている

ただ、ペースが上がらないと厳しい。

タマモブリリアン

父ダンスインザダークという血統だが、走法などから距離に限界があり、1400m以下の距離が合う。

デビュー前の馬体を見る限り、破たんや弱点はなく、オープンやハンデ戦の重賞であれば通用しえるという印象。

OP特別のバーデンバーデンカップを勝利しているが、ハンデ戦で斤量が52キロと軽く、前半600m34秒1、後半600m34秒2と緩いペースの中を先行しており、斤量と展開の恩恵があった。

その内容やその後の戦績からも、別定戦の重賞で好走するにはよほど展開がはまるかしない限り難しい。

ただ、2018年の函館スプリントSは前有利のレースであったが、勝ち馬と0秒3差の5着という結果を残している。

直線で窮屈なレースとなっており、スムーズなレースであれば3着までは十分あった。

 

[ローズステークス 穴馬の特徴]

○ 2018年ローズステークス:13番人気3着ラテュロス

アルテミスS3着、阪神外回りコースのレースで勝利するなど広いコースでも結果を残していた。

ローズS以外でも内枠決着のレースもみられたが、3枠4番という枠も追い風になった。

レースをつかわれていたこともアドバンテージとなった。

 

○ 2017年ローズステークス:8番人気1着ラビットラン

4戦のうち3戦でダートをつかわれていたため人気がなかったが、前走500万条件では芝で勝利していた。

人気上位の馬に不安材料が多く、それらが凡走したことで浮上。

 

○ 2016年ローズステークス:11番人気2着クロコスミア

自信の穴馬推奨。距離、直線が長いコースともに合った。逃げるレースをしたが、道中のラップが緩んで、展開の恩恵があった。

素質自体はあり、春よりも成長していた。

 

○ 2015年ローズステークス:7番人気1着タッチングスピーチ

距離は1600mから2000mがよく、レースの適性が高かった。

前走は500万条件であるが完勝しており、能力の裏付けもあった。

 

○ 2014年ローズステークス:9番人気3着リラヴァティ

自信の穴馬推奨。春の時点で重賞でも好走できていたが、春よりも成長していた。

レースをつかわれているアドバンテージがある点からも、人気の一角を崩す可能性は高かった。

 

○ 2014年ローズステークス:15番人気2着タガノエトワール

前走初勝利を挙げたばかりで全くのノーマークと言える存在であったが、次走で秋華賞3着と結果を残すように能力はあった。

 

○ 2011年ローズステークス:10番人気2着マイネイサベル

自信の穴馬推奨。春はいまひとつ状態がよくなかったが、出来がよかった。

降雨の予報から晴れに変わり天候がもったことにくわえ、ペースが落ち着いた方がいい馬で前半800m49秒7とゆったりした流れになり、ツキもあった。

 

○ 2010年ローズステークス:6番人気2着ワイルドラズベリー

自信の穴馬推奨。馬体から重賞レベルの能力があると判断し、春から追いかけ続けてきた馬。

休み明けながら馬体に太めもなかったが、調教の動きがよく状態が上昇していたことも好走の要因。

 

○ 2009年ローズステークス:10番人気3着クーデグレイス

前走ルスツ特別(2着)は同じ3歳牝馬のパールシャドウに敗れ、人気を落としていたが、プラス8キロと体重が増えており、このレースではマイナス14キロと絞れて上昇があった。

前が止まらない展開も追い風となった。

 

○ 2008年ローズステークス:7番人気1着マイネレーツェル:

重馬場ながら前半800m46秒9と例年と変わらないペースで推移し、決め手が生きるレースとなった。

時計のかかる馬場の方がいい馬で、馬場の悪化も追い風となった。

 

○ 2008年ローズステークス:9番人気2着ムードインディゴ

自信の穴馬に推奨。前走クイーンSの時よりも馬体に張りが出て上昇していた。

前走はプラス22キロと体重が増えていたが、このレースはマイナス18キロと絞れており、上昇のシグナルであった。

上半身と下半身ともに実が入り成長も感じさせた。

 

2019年ローズステークス出走馬で穴馬の特徴に符合した馬、2019年ローズステークス穴馬候補をランキングの備考欄へ更新。

←300位くらい

[最強]競馬ブログランキングへ←120位くらい

 

 

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

無料穴馬はLINEでご覧ください。

無料メルマガではローズステークス、セントライト記念の無料穴馬、調教推奨馬にくわえ、人気薄出走馬の考察をお届けする予定です。

(波乱がなさそうな場合は、無料穴馬のお届けをお休みさせて頂きます。)

 

-ローズステークス 予想, 穴馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2019 All Rights Reserved.