クイーンステークス 予想 穴馬 予想

クイーンステークス 2021 穴馬予想 人気薄の買い材料は?

更新日:

毎週ご購読頂きましてありがとうございます。

「競馬予想 馬体診断&重賞データ」のさとよしです。

今回は2021年クイーンステークス人気薄の穴馬の買い材料や、過去クイーンステークスで走った穴馬の特徴をお届けします。

クイーンステークスの穴馬探しの参考となれば幸いです。

調教推奨馬は人数限定で公開しています。木曜金曜(週末の場合あり)にLINE(←クリック)でご案内しています。

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に、目黒記念は15番人気アドマイヤアルバが3着に好走。

LINE(←クリック)では無料穴馬もお届けしています。

 

読者の方から、Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂きました。

ありがとうございました。

Twitterでは、馬券のヒントなどをお届けしています。

 

 

 

クイーンステークス 2021 追い切り情報 調教推奨馬

函館記念は14番人気アイスバブルが2着に!!

目黒記念は調教推奨馬15番人気アドマイヤアルバが3着に。

※ 下記は無料でお届けした2021年の調教推奨馬

アイビスSD1着 オールアットワンス
函館記念2着(14番人気) アイスバブル
中京記念1着 アンドラステ
函館2歳ステークス2着 カイカノキセキ
七夕賞1着 トーラスジェミニ
宝塚記念3着 レイパパレ
エプソムカップ1着 ザダル
函館スプリントステークス1着 ビアンフェ
函館スプリントステークス2着 カレンモエ
安田記念1着(8番人気) ダノンキングリー 
目黒記念3着(15番人気) アドマイヤアルバ 
平安ステークス1着 オーヴェルニュ
NHKマイルカップ3着 グレナディアガーズ
青葉賞3着 レッドヴェロシティ
皐月賞2着(8番人気) タイトルホルダー
マイラーズカップ1着 ケイデンスコール
阪神牝馬ステークス1着 デゼル
大阪杯1着 レイパパレ
ダービー卿チャレンジトロフィー2着 カテドラル
ダービー卿チャレンジトロフィー3着 ボンセルヴィーソ
高松宮記念1着 ダノンスマッシュ
高松宮記念2着 レシステンシア
高松宮記念3着 インディチャンプ
日経賞1着 ウインマリリン
阪神大賞典3着(9番人気) ナムラドノヴァン
スプリングステークス3着 ボーデン
ファルコンステークス1着 ルークズネスト
ファルコンステークス3着 モントライゼ
フラワーカップ3着 ユーバーレーベン
中山牝馬ステークス1着(7番人気) ランブリングアレー
弥生賞1着 タイトルホルダー
弥生賞2着 シュネルマイスター
チューリップ賞1着 メイケイエール
阪急杯2着(10番人気) ミッキーブリランテ
阪急杯3着 ジャンダルム

調教推奨馬に関してLINEをご覧ください。

無料穴馬もそちらでお届けしています。

 

 

クイーンステークス 2021 無料穴馬


無料穴馬はLINEでお届けしています。(一部は独自配信のメール。詳細はLINEをご覧ください。)

※ 下記はお届けした2021年の無料穴馬

鳴尾記念 8番人気1着 ユニコーンライオン
皐月賞 8番人気2着 タイトルホルダー
桜花賞 8番人気3着 ファインルージュ
中山牝馬S 7番人気1着 ランブリングアレー
オーシャンS 6番人気3着 ビアンフェ
阪急杯 10番人気2着 ミッキーブリランテ
フェブラリーS 8番人気3着 ワンダーリーデル
共同通信杯 7番人気2着 ヴィクティファルス
日経新春杯 7番人気1着 ショウリュウイクゾ

 

クイーンステークス 2021 人気薄の買い材料

 
※ 下記は2021年クイーンステークス

ウインマイティー:近走は速い流れが合わなかった。ペースが緩めば。

フェアリーポルカ:小回りコースの1800mはベストに近い条件。能力的にも上位争い可能。こちらは速い流れの方が望ましい。

シャムロックヒル:馬体を見るに素質は悪くないが、成長の余地を残している。ペースが緩めば。

サトノセシル:前走函館で勝っており、1戦しかしていないが洋芝が合う可能性はある。

イカット:戦績を見るにレースをつかわれていた方がいい馬。近走結果が出ていないが、今回臨戦過程は問題ない。

マイエンフェルト:父がデインヒルの系統のハービンジャー、母方にカーリアンという血統で洋芝は合い、前走札幌芝1800mの2勝クラス勝利。

ローザノワール:蹄の形を見ると時計のかかる馬場の方が合う。その点で洋芝は悪くない。持続力=ダート的な素養が生きる条件ではある

 

※ 下記は2020年クイーンステークス

サムシングジャスト

父ヴィクトワールピサ、母の父タイキシャトルという組み合わせだが、全体的に体高があるつくりでどちらの影響も感じさせない。

距離は1400mから1800mが守備範囲で条件は申し分ない。

 

リープフラウミルヒ

手脚や胴が長めに見える薄手な体型で、父ステイゴールドの影響を感じさせるつくり。

福島牝馬Sで13番人気という評価でありながら2着と好走しているが、馬体を見る限りフロックではない。

1600mでも結果を残しているが、本質は1800m2000mにある。
平坦コースに変わる点は好材料で、距離もベストに近い。

 

タガノアスワド

デビュー前の馬体写真を見ると、丸みを帯びたフォルムで母の父スピニングワールドの影響が出ているか。

ボリュームのある体型で、肩や腰の傾斜からも短い距離に適性があるように感じられる。中距離戦であれば小回りコースの方がいい。

洋芝が合うようであれば、条件はベストに近い。

 

レッドアネモス

前々走、3走前の2走は後方からのレースとなり持ち味が生きなかった。

前走マーメイドSは2000mで距離が長かった。今回距離短縮はプラス材料で、小回りコースの1800mは条件的に悪くない。

ペースが落ち着い前有利の流れとなれば。

 

オールフォーラヴ

ボリュームや骨格を見ると、母レディアルバローザ、母の父キングカメハメハの影響が出ている。

パワーにベクトルが傾いており、心肺機能が高いタイプで、瞬発力よりも持続力に秀でている。

スピードの絶対値が高く、重賞でも結果を残しえる素質はある。

 

モルフェオルフェ

胴長で下半身が薄いつくりから決め手で勝負をするタイプのように映るが、腹のラインが丸みを帯びており前でのレースが合う。

それらの特徴や全体のフォルムが母の母である福島牝馬Sなど重賞で活躍したロフティーエイムと似ている。

小回りコースの1800mであれば条件的にも悪くない。

取捨のポイントとしては、能力的な面からもスタミナの面からもペースが落ち着くか否かという点。

 

 

無料穴馬はLINEでお届けしています。

 

クイーンステークス 穴馬の特徴

○ 2018年クイーンステークス:8番人気3着クインズミラーグロ

距離、コースともにベストの条件。

休み明けの実績馬に対して状態面でのアドバンテージもあった。

 

○ 2016年クイーンステークス:9番人気1着マコトブリジャール

前半800m49秒1と例年より1秒以上遅いペースで推移し、前でレースをしたことが好走の要因。

 

○ 2016年クイーンステークス:11人気3着ダンツキャンサー

1800mでもつかわれていたが、全4勝は1400m1500mのレース。

最内枠に入っており、終止内をまわるロスのないレースが距離を克服し、好走出来た要因。

 

○ 2015年クイーンステークス:7番人気1着メイショウスザンナ

小回りコースで行われる芝1800mの鬼。

距離、コースにくわえて洋芝が合ったことも好走の要因か。

3走前の福島牝馬Sでは3着と結果を残しており、ここでは能力的に上位であった。

 

○ 2012年クイーンステークス:10番人気2着ラブフール

調教でA評価としたが、この馬が最も内容がよかった。

前走五稜郭Sは約2ヶ月振りのレースで、使われた上積みもあった。

 

○ 2011年クイーンステークス:10番人気2着コスモネモシン

46秒7と速いペースで推移し、その後も11秒台のラップを刻む淀みない流れで後方からレースをするこの馬に大きな追い風となった。

 

○ 2008年クイーンステークス:12番人気3着フミノサチヒメ

穴馬推奨。実績が1500mまでで、前走、前々走1800mのレースで敗れており、距離の面で嫌われたが、前半800m48秒6とペースが落ち着き、スタミナが要求されない流れになったことが追い風に。

 

○ 2005年クイーンステークス:10番人気2着ヘヴンリーロマンス

前年重賞を勝ち、その後斤量が増えたこともあり不振が続いたが、ここで本格化。

その後、札幌記念と天皇賞(秋)を連覇。

 

○ 2003年クイーンステークス:7番人気1着オースミハルカ

前走オークスはさすがに距離が厳しかったが、桜花賞でも0秒6差と好走しており、成長と52キロで出走出来たことを考えると、好走に不思議はない。

 

※ 有料メルマガではより好走の可能性が高い穴馬、明確な傾向や穴馬のパターンもお届けしています。

 

クイーンステークス 危険な人気馬の特徴

○ 2018年:クイーンステークス

3番人気10着リバティハイツ:マイラーで距離が響いた。
5番人気9着ツヅミモン:間隔が空いていた。

○ 2017年:クイーンステークス

1番人気6着アドマイヤリード:陣営が、距離がネックになった面があるというコメントを残しているが、後方からのレースが響いた点が敗因。
3番人気7着マキシマムドパリ:勝利した前走マーメイドSほどの出来ではなかった。
4番人気10着パールコード:
5番人気4着クロコスミア:

○ 2016年:クイーンステークス

2番人気8着人気ウインプリメーラ:
3番人気10着ロッテンマイヤー:
4番人気9着リラヴァティ:状態がそれほどよくなかった。
5番人気5着テルメディカラカラ:プラス16キロと1力不足。

○ 2015年:クイーンステークス

2番人気8着フーラブライド:
3番人気7着ブランネージュ:ここでは能力的に通用しなかった。
5番人気5着フレイムコード:

○ 2014年:クイーンステークス

3番人気5着ディアデラマドレ:腰回りの筋肉が落ちて状態が下降していた。
4番人気7着ケイアイエレガント:2番手を追走するも、ペースが厳しかった。
5番人気9着マーブルカテドラル:マイラーで距離が微妙に長かった。

○ 2012年:クイーンステークス

2番人気5着オールザットジャズ:
3番人気4着レインボーダリア:やや馬体が細く、マイナス8キロと体重減が影響か。
5番人気8着フミノイマージン:2ヵ月ぶりのレースで、体重プラス6キロ。馬体に余裕もあった。

○ 2011年:クイーンステークス

2番人気6着レディアルバローザ:
4番人気5着ショウリュウムーン:
5番人気7着アスカトップレディ:札幌のコースが合わなかった。

○ 2010年:クイーンステークス

1番人気8着ヒカルアマランサス:
4番人気7着ブラボーデイジー:マイナス20キロと体重が減っており、アクシデントがあったか。
5番人気5着ショウリュウムーン:前残りで脚を余した。

○ 2008年:クイーンステークス

3番人気5着エフティマイア:
4番人気9着ユキチャン:前走回避で2か月ぶりのレース。体重がプラス8キロ。
5番人気7着メイショウベルーガ:上り最速をマークするも脚を余す形に。

○ 2007年:クイーンステークス

1番人気4着アドマイヤキッス:内枠の逃げ先行馬で決着し、脚を余す結果に。
3番人気5着フサイチパンドラ:
4番人気7着デアリングハート:

 

LINEでは重賞の無料穴馬をお届けしています。

 

 

無料穴馬は無料メルマガ(←クリック)とLINE(←クリック)でお届けしてます。

無料メルマガは2006年創刊、読者数3000人以上。

Twitter(←アカウント)へ的中報告(←こちら)を送って頂いた方へお礼を申し上げます。

-クイーンステークス 予想, 穴馬 予想
-, , , ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.