穴馬 予想

有料メルマガサンプル マイルCS 

更新日:

 

(先週号から抜粋)

ダイワメジャー・・・距離は1600m~2000mが最も合い、基本的に持続力とパワーで勝負するタイプ。

元来がパワー型の馬で前後肢均等だったバランスが、前肢の方が勝ったキレを兼ね備えた馬体に変わり、そこからG1で良積を残してきた。

前走天皇賞(秋)は周知のとおり、かなりの不利があり完全に参考外。

その時に比べ、皮膚の透明感が増し、全体的にスッキリして昨年のいい時に近づいてきた。

問題はやはり年齢で短距離馬は活躍できる期間が短く、その辺りから全幅の信頼を置くのは避けた方が無難。

スーパーホーネット・・・昨年穴で狙った馬。馬体からは1400mよりも1600mの方が合うタイプでコースや脚質はさして問わない。

調教は前走時とさして変わらず、前向きで動きはまずまずというところ。

しかし馬体は毛ヅヤがよく銭型が浮き、張りがありながらも全体的に締まって状態は上々。

前走は馬場のいい外をとおり、恵まれた部分もあるが、やはり高い評価が必要。

スズカフェニックス…調教の動きは前走から大幅に良化。馬体も腹のラインを中心に全体的に締まってきた印象。

安田記念はレース適性にくわえ、先行有利の馬場が敗因。マイルはほぼベストの舞台で、血統的にも脚質の部分からも抑えたい1頭。

しかしG1を勝っているが、高松宮記念は道悪に助けられた部分もあり、能力に関して太鼓判を押すことは難しい。

(ここまで)

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.