穴馬 予想

天皇賞(秋) 展望

更新日:

 

下記は水曜日の時点での考察

「鍵を握るのはメイショウサムソン鞍上の武豊騎手。

先行するであろうダイワメジャーを追いかけるのか?

アドマイヤムーンを警戒し、仕掛けをワンテンポ遅らせるのか?

まさに前門の虎、後門の狼。

それによってペースが変わり、結果に大きな影響を及ぼす。

いずれにしろ瞬発力よりも持続力で勝負するメイショウサムソンは早めに動く事でその能力を生かすことが出来る。

そしてもうひとつのポイントは週末の天候。

時計がかかる馬場の方がメイショウサムソンにとっては好都合だろう。」

当初本命はチョウサンを抜擢しカンパニーも抑える予定であったが、この雨はマイナスになる可能性が高い。

またメイショウサムソンのレース適性に疑問を感じ、軽視する予定であったが、馬場悪化により、過去のデータが使えない事と合わせて予想が難しくなってしまった。

アドマイヤムーン、ダイワメジャーは状態に一抹の不安を感じ、3強での決着は難しいと感じる。

時計がかかり、瞬発力勝負を回避できる事はメイショウサムソンにとってはプラスで、距離が若干短いポップロックにもプラスとなる可能性は高い。

下記は無料レポート、よかったら読んでみてください。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.