穴馬 予想

小倉記念 今後くる馬こない馬

更新日:

小倉記念はサンレイジャスパーが見事な末脚を発揮し初重賞制覇。状態は毛ヅヤが悪かった前走から上昇し、牝馬、内枠不利というデータもあったが、この条件で良積を残していた鞍上佐藤哲三騎手がこの馬の持ち味をきっちり引き出す好騎乗。今後はサマー2000のチャンピオンを狙い新潟記念への参戦ということだが、状態次第では引き続き狙っていきたい。
2着のニホンピロキースは7番人気ながらも状態は出走馬中最も状態がいいように感じた1頭。この馬も次走は新潟記念になると思われるが、レース適性はこのレースに比べ劣るように感じる。
人気薄で3着に入ったアラタマサモンズはデータ上、前走や上がりの時計などこのレースできている馬と符合している面もあり、時計がかかる馬場も追い風であったと考えられる。
このレースは状態のニホンピロキース、潜在能力のニルヴァーナ、総合力のスウィフトカレント、そしてその他の差し馬という構図とみたが、ニルヴァーナは先頭にたち粘りこむという競馬では能力を発揮できないように思う。馬体のフォルムから末脚を生かすタイプで、もっと後ろからの競馬が合うだろう。
スウィフトカレントはトップハンデにみあう出来になかったのが敗因と思われる。非常に厳しい流れとなった宝塚記念の反動も考えられ、次走も状態を注視したい。
アップドラフトはやはり長期休養の影響が考えられ、この馬も状態がしっかり確認できた時でないと重い印をうつ事はできないだろう。
今回の教訓としては、上位2頭が状態のいい馬で、スウィフトカレントの敗北とあわせて、梅雨があけ「格より調子」という夏競馬のモードにシフトしていかないといけないといえる。週末の予想から反映させていきたい。

◎ スウィフトカレント 30%25%20%25%
○ ニルヴァーナ 25%25%10%40%
▲ ニホンピロキース 15%15%15%55%
△ ヴィータローザ 10%15%15%55%
△ サンレイジャスパー 10%15%15%60%
△ アップドラフト 10%10%10%70%

会員の方への配信では手広く上位3頭を軸に3連単のマルチとお伝えしたが、ニルヴァーナがクビ差の4着で1、2、4着と無念の結果。
ニルヴァーナが3着に残っていれば約400倍で個人的な馬券も回収率500%はあっただけに残念無念。
今月はプロキオンSも15番人気メイショウサライがハナ差の4着で1、2、4着があり、函館スプリントSも3連単立て目で巡り合わせが最悪の月であった。
個人的には重賞は3連単のみの勝負で、月に1レースのヒットで回収率100%以上を目指しているだけに、どれかひとつでももうひとつ歯車が噛み合っていればというところ。
6月の重賞3連単を3レースとれた反動がきたのか、月が変わって流れが変わる事を願うばかり。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.