穴馬 予想

函館スプリントステークス&ラジオNIKKEI賞 今後くる馬こない馬

更新日:

函館スプリントステークスは勝ったアグネスラズベリに騎乗した角田騎手の好騎乗に舌を巻くばかり。後ろからの競馬をしてくると考えていたが、内ラチ沿いをするすると抜け出してきたのにはビックシ!!見事な作戦勝ちといえる。
対照的に1番人気のビーナスラインはあの後方の位置からでは苦しく、3コーナーを過ぎた辺りで、すでに結果はみえていた。
本命に推したブラックバースピンは直線でもう少し伸びると考えたが、結果的に大外枠がこたえたか。騎乗も芝を考えると問題はなかったが、1番強い競馬をしたといえるだけにハナ差の3着は悔しいところ。
ラジオNIKKEI賞には新星が登場。ロックドゥカンブが見事な脚で快勝。南半球産ということを考えても、更なる上積みが見込め、馬体や血統からも距離延長に対応できるだろう。
この馬にくわえ、このレースでは沈んだが、対抗に推したフェザーケープにも今後注目していきたい。
1番人気に推され、本命に推したクランエンブレムだが気性的な問題がこたえたよう。中1週の状態を敗因に結びつける声もあるが、状態が悪くレースでかかってしまえば、6着どころか更に馬群に沈んでいただろう。ここは参考外としたい。メルマガでも記したが、この馬も楽しみな1頭。
過去の穴馬をみると、函館SSが北海道の芝で結果を残している馬とし、アグネスラズベリは2戦1勝2着1回。ラジオNKIKKEI賞もG1で戦ってきた馬が消え、前走勝ちあがった馬が穴をあけるとしたが、ロックドゥカンブも前走500万条件を勝利。穴馬以外にもデータを応用して頂けると、私もやりがいにつながりますのでヨロシクです。
個人的な馬券は函館で勝負したが久しぶりの3連単立て目。予想の過程は悪くなくあと一息だったが、角田騎手ひとりにやられた印象(泣)

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.