穴馬 予想

競馬予想 函館スプリントステークス △△◎ 有料メルマガサンプル 

更新日:

 

[各馬の考察]
ブラックバースピン・・・昨年末からいずれはG1でもと注目していた素質馬。(写真があればよかったのだが)前走も10番人気ながら一発があるとし、重い印をうった。張りがあり毛ヅヤもよく、状態はいい。今回最大の問題は左回りでしか勝利を挙げていない点。そのため、この馬が絡まない馬券もしっかり抑えたい。
アドマイヤホクト・・・前走は直線で前をカットされる不利が致命的だった。若干余裕もあったが、今回も太めには少し注意を払った方がよさそう。それさえなければ張り、毛ヅヤとも上向いているため、脚質、血統、タイムなど信頼できる存在。軸としてはブラックバースピンよりもむくだろう。腹袋から先行して持続するタイプで、肩の角度や腹のライン、全体のフォルムから明らかに距離に限界があり、スプリント路線に専念した事は賢明といえる。
アンバージャック・・・左回りの競馬場では新潟の1000m(直線)以外では結果を残しておらず、前走の敗因もそこにあると思われる。出走馬の中で最も状態のよさを感じさせる。時計や前で競馬できる点から、重い印をうちたい。上記3頭は騎手が函館1200mで結果を残している点も心強い。
アグネスラズベリ・・・後肢の筋肉が落ちているが、スラッとして胴長で手脚の長いタイプで、このレースの馬体的な特徴には符合する。しかし後ろから競馬をする部分は問題。先行馬を捕らえきれないという可能性があり、軸は避けた方が無難。ベストは京都の外回り1400m。
ビーナスライン・・・昨年は胸前に窮屈な部分があり、それが解消されれば更なる活躍も可能とした。春先はいい感じでそれが高松宮記念4着に結びついたが、今は若干張りが乏しい印象。しかし追い込んで届かずという可能性もあるとはいえ、馬体のタイプや血統、コースでの実績、1分8秒0の時計を考えれば、抑える必要がある。
コスモシンドラー・・・前々から素質を評価し続けてきた馬。血統的にこの芝が合う可能性は高い。休み明けだが、太めもなく毛ヅヤもいい。鞍上強化は魅力で、ある程度前につける事ができれば。
ワイルドシャウト・・・休養明けだが、底を見せておらず、抑えることは必要。パドックを注視したい。脚質も鞍上の勢いも魅力。
サープラスシンガー・・・1分8秒1の時計、内枠から先行できる面など怖い存在で、パドック注視必要。
タニノマティーニ・・・北海道で4勝とくれば、パドック次第で警戒が必要。3連単で抑えたい1頭。
[推奨馬]
※ 数字は左から1着、2着、3着、着外のイメージ
◎ ブラックバースピン 30%25%15%30%
○ アドマイヤホクト 25%25%20%30%
△ アンバージャック 10%10%20%60%
△ ビーナスライン 5%10%20%65%
△ アグネスラズベリ 5%10%15%70%
△ ワイルドシャウト 10%10%10%70%
△ サープラスシンガー 10%10%10%70%
☆ コスモシンドラー 5%10%10%80%
今の馬場を考えると、先行した馬は大崩れがないように思う。個人的な馬券は上位2頭とアンバージャックを3連単の軸。休養明けのワイルドシャウト、サープラシンガーはともに先行馬のため、パドック次第では3連単の軸にまわしたい。これらの馬の1、2着を中心に買う予定。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.