穴馬 予想

競馬予想 宝塚記念 ダイワメジャー

更新日:

皐月賞制覇後、ノド鳴りに悩まされたダイワメジャーであるが、それを克服し昨秋見事に本格化した。この馬にとってかつてベストの条件は中山や阪神の1600~2000m位であったが、昨年の秋から馬が変わってきており、それが結果に結びついた。
有馬記念では1600mから2500mへの距離延長が課題であったが、馬体をスッキリ仕上げ、コーナーを6回も回る有馬のコースなら距離も問題ないと考え、高速馬場もプラス材料でこの馬を本命に推した。しかしパドックでも出来のよさを感じさせたものの3着。ディープインパクトと、同じくパドックリポートで推奨したポップロックの後塵を拝したが力は出し切った。
マイルCSはパドックでも集中力を感じさせるいい出来であり、パワー型であり、後続のキレを鈍らせるという点でも、レース前からの降雨は好都合であった。
そして状態の面でのピークは天皇賞(秋)。馬体写真では無駄肉が一切なく、皮膚の透明感は最高の状態であった。
前走安田記念のメルマガで、「高速馬場の適性は非常に高く、1.32.1という時計もある。先行できる点も魅力。前後肢の筋肉も充分で、状態も良好、大きく崩れる可能性は低い。」とお伝えしていたとおり快勝。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.