穴馬 予想

POG 2歳良血馬を馬体でチェック

更新日:

今日は有料メルマガ(期間限定サービス中。詳しくはこのページの下で)のPOGの特典でお伝えした2歳馬情報の一部を、それも気になる良血馬達の情報をお届けします。

姉にアドマイヤグルーヴがいるポルトフィーノ(父クロフネ母エアグルーヴ)はバランスがよく、つなぎの感じもいいが、筋肉が堅く、距離にも限界がありそう。

兄にディープインパクトをもつヴェルザンディ(父アグネスタキオン母ウインドインハーヘア)もほぼ同様の印象。

兄にアドマイヤオーラ、アドマイヤジャパンをもつアドマイヤテンカ(父アグネスタキオン母ビワハイジ)も能力は感じさせるが、兄に比べ若干背中が長いのが短所。

兄にダイワメジャー姉にダイワスカーレットをもつブーケフレグランス(父ダンスインザダーク母スカーレットブーケ)は弱点がみあたらず、バランスもいいものをもっている。ただ、母よりも父の影響が強そうな点と、兄姉よりもまのびした顔が気になる。

シンボリクリスエス産駒の中で最も注目を集めるのは、ラインクラフトの半弟ダノンマスターズ(母マストビーラヴド)だろう。バランスはいい馬ではあるが、つなぎの太さなど距離に限界があり、ダート志向が強いかもしれない。

フサイチホウオーの全妹トールポピー(父ジャングルポケット母アドマイヤサンデー)は腰が高く、少し時間がかかるこもしれない。しかし皮膚の薄さは兄も持っていなかったもので、今後の成長次第では楽しみな1頭。

今年の良血馬の中で、最も印象に残ったのがファリダット(父キングマンボ母ビリーヴ)確実に距離に限界がありクラシックは難しいが、バランス、皮膚の薄さなどは一級品で母(スプリンターズS、高松宮記念優勝)に非常に似ている馬体。
母は大成するのに時間がかかったが、馬体の面の完成度に問題はない。距離は1600m位がベストでコースはさして問わないだろう。

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.