穴馬 予想

競馬予想 今後くる馬こない馬 エプソムカップ CBC賞

更新日:

エプソムカップは人気のフレンチデピュティ産駒3頭で決着。フレンチデピュティ産駒が重馬場で強いという事もあり、有料メルマガでもこの3頭に▲○◎の印をつけた。
3着のサイレントプライドは惜しいレースであったが、まだまだ強くなる馬。
2着に入ったブライトトゥモローはレースの性格的にどうかなという印象であったが、直前情報で記したとおり(更新遅くなってすいません)パドックで大変いい出来であった。
荒れた馬場の恩恵を最も受けたのは、3頭の中で父フレンチデピュティの影響が1番感じられるエイシンデピュティ。
今回の結果は雨の影響もあり、別のレースで対戦すればこの3頭の順位は変わってくる。
2番人気のデアリングハートに関しては、前走で穴馬推奨したが、このレースに限っては危険な人気馬であると考えおさえ評価にとどめた。今回はレースの性格にくわえ、馬体から危惧したのだが、重馬場がこたえた可能性もあって参考外として考えなければならない。
トウショウカレッジは1400m近辺がベストであると考えていたので、この粘りには少し驚かされた。今回の好走は馬場の問題もあり、鵜呑みにせず次回この距離で人気になっていたら嫌いたい。
CBC賞は前々からこのブログ、メルマガでその素質を高く評価していたブラックバースピンが快勝。有料メルマガでも重い印をつけた馬で、かねてからG1でも好勝負できる器とお伝えしていただけに、今回それを立証してくれて少し安堵している。
人気を裏切ったペールギュントだが、やはり開催最終日の馬場悪化プラス雨というコンディションが大きく影響してしまったのではないだろうか。これに関しては想定内といったところ。
本命に推したアドマイヤホクトだが、直線でブラックバースピンに並びかけようとした時に前に出られ進路をふさがれて、それが大きく影響してしまった。瞬発力タイプの馬であれば立て直すことも可能であったが、持続力タイプのこの馬にとっては、3歳という若さもあり、まさに致命的で大変運のないことであった。この不利がなければ充分馬券には絡んでいただろう。全くの想定外であった。
個人的な馬券はエプソムカップのパドックで◎○の2頭が好印象でそこから勝負。CBC賞は当初スピニングノアールでいくつもりであったが、雨の影響が考えられ、評価を落とした。予想を変えざるを得ない時はあまり当たらないものなので、遊びの購入にとどめた。
先週の安田記念の○◎的中からやっと調子を取り戻してきたのかなという感じ。

 

 

-穴馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.